絶対に笑ってはいけない愛来のギャグ!?

オープニングトークでしっかりと客席のファンたちの気持ちを掴んだアメフラっシ。さっそく最初のコーナー「絶対に笑ってはいけない愛来ギャグ」へと移る。文字通り、愛来が即興でお題に沿ったギャグを披露し、他のメンバーたちを笑わせたら勝ちという内容。

「これ、私だけが頑張るコーナーだよね」と愛来から真っ当なツッコミが入るも、愛来がギャグを繰り出している間、他のメンバーたちはリコーダーを咥えて、音が出てしまったら笑ったと見なされるというルールでスタート。

「ペンギン」「めっちゃ体がかたい人」「寅年の女」など無茶振りに体当たりするも上滑りしてしまった空気に。心が折れかけている愛来にいつもは毒舌キャラである市川が気を遣って、愛来の代わりに身体を張ってギャグを披露。

愛来のモチベーションも復活し、リハーサルの時にメンバーたちが爆笑したというギャグ「ダルマかかと落とし」をここぞとばかりに披露。実際に脚を高く上げたパフォーマンスで、会場のファンたちから喝采をさらった。