Contents

クリスマスイブを彩る華やかな衣装とパフォーマンス

2021年12月24日、聖夜の夜を彩る虹コンのワンマンライブがSpotify O-EASTで行われた。ステージにはクリスマスらしい装飾が施され、ロマンティックな気持ちを盛り立てる。開演時刻になると、ステージ裏からメンバー全員の掛け声が響き渡り、客席から温かい拍手が沸き起こる。

煌びやかなミラーボールに照らし出されて登場した13人は、それぞれデザインの違う赤色を配したクリスマス仕様の衣装を身にまとい、華やかなムードの中、『恋・ホワイトアウト』で幕が開ける。キュートな歌声と、トライアングルを効果的に使ったフォーメーションで、ピュアな恋心を表現する。

軽快なスカビートが心地よいパーティーチューン『パウダースノーランデブー』では、舞踏会さながらに入れ代わり立ち代わりメンバーが交差し、それに合わせて客席では色とりどりのペンライトが乱舞。

『ふたりのシュプール』では、ゲレンデにシュプールを描くように、ステージ全体を使って流れるようなダンスや、躍動感のあるジャンプを決める。後半、ギターの小気味よいカッティングによって一転してファンキーになるパートでは、隈本茉莉奈と大和明桜が息の合ったラップで彩りを添える。

ウィンターソング3曲で幕を開けた後、MCに突入、的場華鈴の「せーの!」から、「メリークリスマス!」とメンバー全員が叫んだところで自己紹介タイム。大和が「衣装もスペシャルなクリスマスです。例年、サンタさんを着がちですけど、今回はパーティーっぽいです」と衣装を紹介。岡田彩夢が「茉莉奈が一人だけセレブレーションパーティー」と大人な雰囲気を醸し出す隈本の衣装を評すると、隈本は黒のロンググローブが私物であることを明かす。さらに今回の衣装がレトロっぽいという話題になると、清水理子が「レトロっぽい格好をすると、いつも一番似合うと言われて複雑な気持ち。さっきも、もふくさん(※虹コンのプロデューサーを務める、もふくちゃん)に『本当にこの衣装が似合うよね。その時代の人みたい』と言われました」と嘆き、なぜか会場からは盛大な拍手が。

ここで「虹マジ」ことBS11で放送中の「虹のコンキスタドールが本気出しました!?~Next Stage~」の番組内企画でMVPを獲ったメンバーをフィーチャーしたご褒美ステージに突入。

まずは11月の放送回「虹コン論客ィーン選手権」の1対1で相手を論破するディベートバトルで勝者となった鶴見萌が、大和、中村朱里、山崎夏菜、蛭田愛梨の4人をバックダンサーに従えて、『大キライでした。』を披露。カラフルに変化するライトを浴びながら、アダルトなパフォーマンスで魅了する。

続いては、2日前の12月22日に放送された替え歌選手権で、一人だけ気合いの入った替え歌をフルで作ってきて文句なしのMVPを獲得した神田ジュナが、ディスコナンバー『ジャスナウ!』でセンターを務める。神田は8月1日に加入したばかりの新メンバーだが、そんなことを全く感じさせない貫録で、狂おしいパフォーマンスを展開。12人のメンバーも、入り組んだフォーメーションとファッションモデルさながらのポージングで神田をサポートする。

2021年に印象的だったことをオリジナルイラストで発表

中盤はゴリゴリのベースラインが鳴り響く超絶ファンクナンバー『Luv♡Unbalance』で躍動感あふれるステージングを繰り広げ、清水の情熱的なシャウトが会場中に響き渡る。後半の「Do The Valentine! Will U Be My Valentine!」とユニゾンで叫ぶメンバーの姿は勇ましさすら感じさせる。

静謐なイントロから一転してハードなギターが切り裂く『戦場の聖バレンタイン』では、さらにバトルモードを全開にして、メンバーは競い合うように情熱的な歌声を響かせ、ファンは絶妙のタイミングで手拍子を入れて一体感を演出。途中でハイキックを繰り出すなど、キレキレなダンスでかっこいい虹コンを見せつける。

続いてメンバーが2組に分かれて、クリスマスカバーを披露。1組目のメンバーは的場、中村、大和、岡田、山崎、蛭田の6人で森高千里の『ジンジンジングルベル』をカバー。おしゃれなサウンドに乗せて、お人形のように可愛らしいステップを決め、ステージを左右に移動して客席に「せーの!メリークリスマス!」と溌溂とした声を届ける。間奏では「クリスマスプレゼントに欲しいものがあります」という振りから、「デカいチキン」(岡田)、「デカいケーキ」(蛭田)、「炊飯器」(山崎)、「馬刺し」(大和)、「携帯の充電器」(的場)、「バケツプリン」(中村)と、それぞれの個性が出た欲しいものを発表。しかし、何かが違うと話し合った結果、6人で「みんなの愛が欲しい!」と叫ぶと、途中からステージ脇に現れた鶴見が、「嘘つけ!」とツッコミを入れるという寸劇も披露する。

2組目はAfter the Rain(そらる×まふまふ)の『Black Christmas』をカバー。鶴見と清水、大塚望由と桐乃みゆ、隈本と鶴見、石原愛梨沙と神田とコンビを組みながら、妖艶な歌とダンスでゴシックな世界観を構築。中でも隈本は宝塚の男役さながらの凛々しさと攻撃的なラップで存在感を放つ。曲間でメンバーがペンライトのウェーブを要求すると、ファンは待ってましたとばかり美しいウェーブを描き出した。

カバーパートが終わると、メンバーそれぞれがオリジナルイラストで2021年に印象的だったことを発表。

神田は普段の自分と虹コンの自分を並べて描いて、プライベートでは大学生になって、アイドルでは8月に虹コンに加入したことを表現。「どちらも新生活が始まって、新しいことがたくさんあった年」と振り返った。

鶴見は御朱印長などを描いて、「年初めに虹マジでLove Me Doさんに占ってもらったときに、温泉や神社に行けと言われたので、律儀に神社参りに行って御朱印長が埋まりました。楽しくためになる1年でした」と語った。

今年4月に加入した桐乃はメンバー14人の顔を均等に並べて描き、「怖い!」「ヤバいものが目に飛び込んできた……」とメンバーをざわつかせたが、「私も新生活が始まって、13人と出会えたことが嬉しかった」とメンバーとの出会いに感謝した。

今年ソロデビューを果たした清水は、それにまつわるイラストを描きつつも、なぜかセンターに大きく描いたのは自宅に設置した洗濯機で、メンバーからブーイングを受けた。

隈本はごはんの絵を大きく描き、今年発表した楽曲『美味いものファンクラブ』をきっかけに、ごはんについて考える機会が増え、遠征先でたくさん美味しいものを食べて、「美味しい1年だった!」と力強く答えた。

新メンバーの石原は自画像を描くも、歯の1本1本まで丁寧に描写したイラストにメンバーはドン引き。その反応に困惑しながらも、「オーディションのときの自分です。虹コンに加入して人生が180度変わりました」と解説した。

同時加入した桐乃と同じくメンバー全員の顔を描いた大塚。完成度の高いイラストに、メンバー一同が絶賛。「私たちのお披露目だったワンマンライブで、始まる前に桐乃さんがチワワみたいに緊張していて、メンバーが集まって『大丈夫だよ!頑張ってきたじゃん』って声をかけているところです。心温まるエピソードですよ!」とアピールした。

7人は発表が終わるとステージをはけて、入れ替わりで青色の新衣装に着替えた6人が登場。

中村は鶴見同様に年初めの占いで「この1年はゲームをしまくれ」と言われたことから、もともとやっていたゲーム実況にパソコンを導入したことを表わしたイラストを描き、「自分の好きなことがお仕事に繋がった」と発表。

ラジオやイベント、個人配信などでMCを務めることの多かった大和は、大口を開けている自画像を描いて「アイドルをやってきて一番しゃべった年」と振り返った。

蛭田は羽の生えた自画像を描き、舞台のW主演、ロリータ服のモデル、グラビアなど、ソロ活動が増えて飛躍の年だったことを表現。

岡田は抜群の画力でネコを描き、「小学2年生から飼っているおばあちゃんネコを実家から引き取って、一緒に過ごせて幸せな1年だった」と笑顔を浮かべた。

1本の歯をダイナミックに描いた山崎は、「2年前のクリスマスから歯列矯正をして、ようやく1週間前に外れた」と嬉しそうな表情。

ラストは運転免許証を取得した的場が教習中の一幕を描き、「本免の学科試験で100点を取った。いつかメンバーを乗せてドライブをしたい」と抱負を語った。

夢の舞台に立つことが決まった今の気持ちをストレートに伝える

後半は「Fancy Friday Night」で幕を開け、歌詞に寄り添ったドラマ性のあるダンスで表現力の高さを見せつける。

スカートを華麗に翻して、愛らしいしぐさで歌う「Snowing Love」、透明感のある美しいユニゾンを響かせる新曲「ナミダ、あわ雪」と再びウィンターソングを連続で歌った後、ラストナンバーは「心臓にメロディー」。疾走感あふれるサウンドに乗せて、切迫感のあるボーカルで、困難な状況でも前に進もうというポジティブなメッセージを伝える13人。

すると曲の途中で音が鳴りやみ、会場の両サイドに設置されたスクリーンに2年前のライブ映像が映し出される。的場が「私たち虹のコンキスタドールは武道館を目指します。だから、みんな付いてきてください!」と絶叫して、会場が熱狂したときの映像で、その後に2022年4月16、17日に日本武道館でワンマンライブ「Over the RAINBOW~なんたってアイドルなんですっ!!~ in 日本武道館」を行うことが発表された。

それを目にした瞬間、会場はどよめき、大きな拍手が沸き起こったところで、再び曲が始まる。大和は声を震わせながらも「いつかキミと見たミライより 遥か」と振り絞るように歌い、続いてメンバー全員で「走れ 走れ 走れ 走れ 僕は今日の夜 醒めないユメを 突き刺してって歌うから」と力強い歌声を響かせた。

曲が終わって長い拍手が贈られた後、的場が「私たち虹のコンキスタドールは、日本武道館でのワンマンライブが決定しました!」と絶叫。

大和は涙ながらに「初めて聞いたときは全然実感がなかったんですけど、昨日ここでしゃべってと言われて、考えているうちに実感してきて。7年間アイドルしてきて、めちゃめちゃ速かったなと思っていたんですけど、武道館に立つことが決まってから思い返していたら、めちゃめちゃ長かったなと実感して。それと同時にたくさんの人と出会った」と振り返り、「今から出会った人たちの名前を一人ずつ言いたいところなんですけど、時間があるため割愛ということで」と会場の笑いを誘った後、「今まで出会ってきた人たち、これから出会う人全員に武道館に来てほしいです!」と今の気持ちを伝えた。

的場は「発表するまでは夢心地というのが正直な気持ちでした。みなさんの声を聞いて、ここで発表したってことは本当にやるんだと。これからは、みなさん虹コンは武道館に立つアイドルなんだって見ますよね。武道館の2日間に向けて、今までの100倍、1000倍、頑張らなきゃいけないことがいっぱいありますし、第一目標のZEPPを発表したときに、そこを通過点にしたいと言ったんですけど、この武道館も……すごく大きなことを言いますけど、虹コンにとって一つの通過点になるような最高のライブをお見せしたいと思います」と、さらなる高みを目指すことを宣言した。

中村は「武道館はアイドルとしての夢でもあったし、虹コンにとっても目標としていた場所でもあったし。ずっとプロフィールに武道館アイドルが目標と書いていて、最初は立てるかもしれないと思っていたけど、活動していくうちに難しいんだなって実感もしました。みなさんが応援してくれたから夢の舞台に立つことができます。夢を叶えに行くので絶対に来てください。よろしくお願いします!」と涙を浮かべて訴えた。

鶴見は「武道館に立てると聞いて、長年いるメンバーとしては振り返ってみて、今まで長かったなと思いました。今まで応援してくれた方、これから応援してくれる方、そして今まで関わってくださった方への感謝の気持ちを込めて、今の虹コンは最高なんだよって、最高の虹コンの姿をお届けしたいと思います」と決意表明した後、感動で言葉を詰まらせた。

的場、中村、鶴見、大和が日本武道館への思いを語ったところで、メンバーは一旦ステージを去るが、すぐにアンコールの拍手が巻き起こり、間もなく13人は再登場。

未来に向かって突き進むことの大切さをエモーショナルに綴った『ココロPRISM』、「主人公は誰だ? 明日の自分だ!」と力強く歌う「響け!ファンファーレ」と、日本武道館公演を実現させた虹コンの今を祝福するようなナンバー2曲を、魂を焦がすようにパフォーマンスして、激アツの聖夜を演出した。

10月30日より心身の不調で活動を一時休止している根本凪の不在を、メンバー一丸となって埋めた13人。新メンバーの石原と神田も、正式加入して半年足らずとは思えないほどグループに溶け込んで、充実したパフォーマンスを披露した。さらに結束を深めた虹のコンキスタドールが、日本武道館でどんなステージを繰り広げるのか心待ちにしたい。

Information

虹のコンキスタドール ワンマンLIVE『Over the RAINBOW〜なんたってアイドルなんですっ‼️〜 in 日本武道館』

[公演日時]
Day1
2022年4月16日(土) 開場 17:00 / 開演 18:00

Day2
2022年4月17日(日) 開場 15:00 / 開演 16:00

[会場]
日本武道館

▼チケット料金
・アリーナ席 ¥33,000(税込/指定席) ※プレミアム特典付き
・S指定席 ¥9,900(税込/指定席)
・A指定席 ¥6,600(税込/指定席)
・学生席 ¥4,500(税込/指定席)
・虹コン席 ¥2,400(税込/指定席)

公式サイト

虹のコンキスタドール

アイドル

2014年結成。自分たちが思う「かわいい!」や「好き!」を追い求めるインドア系・正統派アイドルグループ。通称“虹コン”。今年8月1日、ワンマンライブ「RAINBOW JAM2021-SUMMER SHOWER-」(Zepp Diver City)にて石原愛梨沙と神田ジュナの加入を発表して14人体制に。

Reporter:Takahiro Iguchi