Contents

花屋の青年を好演ピッタリな役だからこその難しさ

――新ドラマ「失恋めし」へ出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

井之脇 以前から大九明子監督(『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』)の作品を見てきて、観るたびになんて素敵な世界なんだろうと。登場人物がみんな可愛らしくて役者ものびのびお芝居をしている印象があって、いつか参加してみたいなとずっと思っていました。今回念願かなって大九さんとご一緒と聞いて本当にうれしかったです。

――もともと大九監督の作品はたくさんご覧になっていましたか?

井之脇 大九監督の作品はたくさん見てきてどれも素敵なんですけど、『勝手にふるえてろ』がすごく面白くて。僕と同世代の役者さんが多く出演されているイメージもあって。早く参加したいと思っていました。記憶が少し曖昧な部分があるのですが、高校生の頃に大九さんのオーディションを受けたんですが、その時は落ちてしまって。監督のお名前が珍しいということもあってずっと印象に残っていました。今回、リベンジじゃないですけど、ようやく参加出来るなって。

――実際に大九さんの現場に参加してみていかがでしたか?

井之脇 作品を見て僕が感じていた通り、役者のことを大切にしてくれる監督だなと思いました。台本に書いてあることはもちろんですけど、その場で起こったアクシデントだったり、湧いてきた感情みたいなもの、役者のアイデアを全部監督が受け止めてくださって、基本的に採用してくれるんです。もちろん「それは違うんじゃない」ということもありましたが、のびのびと花屋の青年としてカメラの前にいられたのは大九さんが許容してくれたからかなと思いました。

――井之脇さんのお花屋さん姿は本当にハマっていました。

井之脇 台本を読んだ時、僕が花屋の青年になっている姿が想像できました。自分で言うのもなんですけど、ピッタリだなって思いました。でも何も考えずに演じてしまうと、それこそ「僕」になってしまう。花屋の青年としてちょっと誇張したり、僕じゃないことをあえてやるようにしたところもあります。そういったところで大九さんが役のことを親身になって考えてくださって、一緒にバランスを見て作っていけたので本当に助かりました。

――自分と全然違う役の方が演じやすかったりするのでしょうか?

井之脇 どちらも難しいです。今回のように自分に近くなると、どんどん自分に似てきてしまって。例えば別の作品で、僕に似た役をやったときと同じように見えてしまう。逆に僕と全然違う役のときは実感を持つことが難しく、そこをいかに作っていくか。自分にないものをどう引き出していくのかという難しさがあります。

――主演映画『ミュジコフィリア』が公開されたり、様々な作品に参加されていますが、役によっての切り替えはご自身でどのように意識されていますか。

井之脇 全部の役が「初めまして」の人の人生なので、毎回切り替えています。取り組み方も変わってきますし。役者は何年もやっていますけれども、常にピカピカの1年生の気持ちで役と向き合っています。

魅力的なメニューが続々…印象的だったのは?

――本作は飯テロ的な要素もすごくあって、ご飯がすごくおいしそうでした。

井之脇 ドラマに登場している全ての店が実在します。僕も量は多くないですけど、卵サンド、テイクアウトの焼小籠包と、ねぎ焼き、ロールキャベツを食べました。どれも本当においしくて、食べることの喜びが料理に全部つまっていました。監督がこだわって、お店を選んだだけのことはあるなと思いました。

――印象的だった料理はありますか?

井之脇 ロールキャベツです。ロールキャベツなんですけど、中身はモツなんですよ。最初は「合うのかな?」という疑問もあったのですが、食べたら本当においしくて。石焼きのロールキャベツで、セリフがしゃべれないくらい熱いんですよ。スープしか飲めないほど熱かったです(笑)。僕はフードロスがあんまり好きじゃなくて、普段から残すことができないんです。今回の現場でも残さずしっかりいただきました。

――広瀬さんとの共演はいかがでしたか?

井之脇 『サイレント・トーキョー』という映画で共演経験はあるのですが、一緒のシーンはほぼありませんでした。今回は一緒のシーンが多いので本当に楽しみにしていました。広瀬さんは現場では本当にフランクに自然体でいらっしゃるんですけど、役になった瞬間「キミマル先生」になるんです。隣で見ていてもいい刺激をたくさんいただきました。空き時間も僕はあんまり人と距離を縮めるのが得意ではないんですけど、広瀬さんがいろいろお話ししてくださったりして、楽しく撮影することができました。

高校への通学時間もDVD鑑賞「映画中毒でした」

――学生時代はどんなことに打ち込んでいましたか?

井之脇 映画です。僕は大学のサークルも含めて部活に入ったことがありません。その代わり高校生・大学生の頃に映画を一番観ていました。絶対全部観られないのに、1週間で20本とか借りたり。それぐらい映画中毒だったんです。高校への通学が片道1時間ほどあったので、貯金してDVDプレーヤーを買って、電車の中でも映画を観ていました。

――いつから映画にハマったんでしょうか?

井之脇 映画が好きになったのは高校2年生ぐらいです。それまでは映画に出演することは楽しかったんですけど、大人の映画がわからなくて。高校生になると、背伸びして「これ俺わかるよ」みたいな感じでフランス映画を観るようになりました。今はなかなかたくさん映画が観れないので、もう一回昔の自分に学ばなきゃいけないなという気持ちです。

――井之脇さんが、役者で生きていくと決めたのはいつですか?

井之脇 漠然と役者という仕事をやっていきたいなと思ったのは、12歳の時に黒沢清監督の『トウキョウソナタ』という作品に関わったときです。役者という仕事を極めてみたいなと思いましたけど、とはいえまだ12歳でしたのでそこまでではなかったです。本格的に思ったのは、17歳の頃に佐藤浩市さんが主演のTBSの3夜連続ドラマ「ブラックボード」という作品です。生徒役として志田未来さん、染谷将太さんと共演して、染谷さんと志田さんのお芝居が素晴らしくて敗北感を味わいました。負けたくないと思いましたし、もっと本腰を入れて役者を極めたい。今思えば、そこで決心したかもしれないです。

――お2人の存在がすごく刺激になったのですね。

井之脇 僕は、その時は周りのことも見られなかったですし、役者になると決心したという自覚もなかったんですけど、(染谷さん、志田さんと)同じ土俵に立っている時に自分はちゃんと相撲が取れていなかったなと思って、そこでもっとやりたいと思いました。

大学で映画を学ぶことの意味

――井之脇さんは大学にも進学されていますが、進学を選択された理由はありますか?

井之脇 役者をやり続けたいと決めながらも大学には行きたいと思っていたんです。大学でもやっぱり映画、演技を学びたいなと思って、日本大学芸術学部の映画学科に行って勉強しました。

――大学で映画の勉強をされたことで、お仕事に活きている部分はありますか?

井之脇 映画の作り方のノウハウや編集のことを広く学べたことは大きな財産です。でも正直、現場で学べることもたくさんあると思います。映画作りについて書かれた本もたくさん出ていたり、サブスクがあるので昔の映画もすぐに観ることもできます。

――大学ならではの学びはありましたか?

井之脇 そんな中、なぜ大学で学ぶかというと、そういったいろいろなコンテンツを、先生が学んできた何十年間、教えてきた何十年間という歴史を通して先生の口から聞くことに価値があると思いました。活字を読むのと、先生の言葉で教わるのでは何かが違うと思っています。作品につまった人々の想いや歴史みたいなものを一緒に継承することができるので、それは大学で学ぶ大きなメリット、意味なのかなと。資格が必要なものはまた別ですけど、きっと他の分野でもあえて大学に行く意味って僕はそこにあるんじゃないかと思っています。

――高校2年生以降は夢やお仕事について迷われたりはしませんでしたか?

井之脇 迷いの連続です。思うようにいかないことばかりで、自分のできなさを思い知らされます。今の仕事が向いてないんじゃないかなと悩むこともあります。それでも僕の根幹に「映画が好き、ドラマが好き」というのがあるので、好きなものに関わっていくためにはやるしかないっていう気持ちです。

――落ち込んだり、元気がない時に観る作品はありますか?

井之脇 元気出すならやっぱり『スター・ウォーズ』とか「マーベル」とかがいいんじゃないでしょうか。でも悲しい時に明るい歌を聴くのはよくないらしくて、悲しい時は悲しい歌を聴いた方がリラックスできるという話を聞いたことがあります。そう考えると映画も悲しい時は、もしかしたら寄り添ってくれるような『ブルーバレンタイン』とか。それこそ「失恋めし」もいいんじゃないでしょうか。

――「失恋めし」は失恋だけでなく、人の感情を描いているので、悩んでいる方も吸収する要素は多そうです。

井之脇 そうですね。このドラマではキミマル先生も、花屋の青年も失恋する各話のゲストも皆不器用です。失恋してクヨクヨしてしまうのも、やっぱり相手のことを思っているからだと思うんです。そういった愛にあふれている作品になっていると思うので、ティーンの方も楽しんで見ていただけるんじゃないかなと思います。

――Amazonプライム・ビデオで見られるので、勉強中の気分転換にもすごくよさそうです。

井之脇 Amazonのドラマは20~30分程度のものが多いですし。「失恋めし」も20分ちょっとです。通学中に見ていただいたり、学校にスマホを持っていっていいのであれば昼休みに見てもらっても。そういう風に楽しんでもらえたらうれしいです。

Information

「失恋めし」
Amazonプライム・ビデオ独占配信ドラマ
2022年1月14日(金)全10話一挙配信

出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也
原案:木丸みさき「失恋めし」(KADOKAWA刊)
脚本:今井雅子
監督:大九明子
音楽:髙野正樹

恋のはじまり⽅は…いろいろ。恋のおわり⽅も…いろいろ。でも、どんなおわり⽅をしても、おなかはすく。 ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。 イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で「いい失恋に巡り合えますように」と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。

公式サイト

井之脇海

俳優

1995年11月24日生まれ。ドラマを中心に子役として活動し、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』にて注目を集める。日本大学藝術学部映画学科演技コースを卒業し、脚本・監督・出演作品である短編映画『言葉のいらない愛』は2015年にカンヌ映画祭のマルシェに正式出品されている。

Photographer:Seiji Nohara,Interviewer:Kozue Nakamura