Contents

ともに全国制覇を経験している強豪同士の激突

1月9日にノエビアスタジアム神戸で行なわれた第30回全日本高校女子サッカー選手権の決勝戦。兵庫の日ノ本学園は7大会ぶり4度目の優勝を、鹿児島の神村学園は16大会ぶり3度目の優勝を目指して決勝に進出。ともに全国制覇を経験している強豪同士の激突となった。

日ノ本学園(兵庫)
神村学園(鹿児島)

日ノ本学園のキャプテン・MF箕輪千慧(3年)と、神村学園のキャプテン・MF愛川陽菜(3年)は、揃ってINAC神戸レオネッサへの入団が内定、同じユニフォームを着る仲間となる2人。

神村学園のキックオフで始まった試合は、早々に日ノ本のキャプテン・箕輪が右サイドからシュートを試みる。神村もまた、前半3分にコーナーキックのチャンスを得たがゴールは奪えない。

7日間で5試合目というタフなスケジュールだが、両チームの選手の動きの良さは、これまでと変わらない。

客席では、ベンチに入れなかった両校の部員がピッチの選手たちを応援。2年前、この地での決勝戦で破れ去った神村学園のOGたちもスタンドに駆けつけ、熱い視線を注いでいた。

前半38分、神村にアクシデントが発生。守備陣をまとめてきたDF井手口怜央(2年)が左腕を負傷して交代。センターバックを1人欠く中、寺師有太監督は、右膝十字靭帯の重傷から復帰したばかりの攻撃的MF稲田雛(3年)を投入。

両チームにチャンスがあり、緊迫した攻防が繰り広げられるものの、両チーム無得点で前半終了。

後半戦がスタートし、互いにゴールに迫るチャンスが増えてきたところ、後半20分、途中出場の神村・稲田が、相手陣内の右タッチライン際でボールを奪うと、そのままゴールへ向かう。エリア右に入ったところから、得意の左足で強烈なシュートを放ち、ゴール左上隅の完璧なコースへと突き刺した。

さらに攻勢に出た神村は後半40分、MF川浪実歩(3年)のスルーパスを受けたキャプテン・愛川がゴール前に抜け出し、GKと1対1の状況で冷静にグラウンダーシュートを決めた。

優勝が見えてきた神村は、後半のアディショナルタイムにも、MF三冨りりか(1年)が4試合連続となるゴールを決めて、決定的な3点目を挙げた。

今大会、攻撃力ナンバーワンと評された神村学園が16年ぶり3回目の日本一に輝くとともに、チーム史上初めて、夏のインターハイと合わせて夏冬連覇の2冠を達成した。

両チームの監督が熱戦を振り返る

試合後、両チームの監督と選手が熱戦を振り返ってくれた。

日ノ本学園・村上裕子監督は「決勝まで来られてよかったと思う一方で、ここまで来たからには何としてでも優勝したいという思いが選手たち、スタッフにもありました」と悔しい気持ちを打ち明ける。

村上 相手が強豪というプレッシャーでミスが続きました。ハーフタイムに修正したつもりでしたが、パス1本の精度、1対1の勝負の仕掛けなど、思った通りにプレーできなかった。神村さんの試合運びは予測できたのですが、それ以上に中盤のプレスが強かった。その辺が敗因かなと思います。また、こっちにも勝機があったというか、点を取るチャンスはあったので、1点の重みというのをすごく感じた試合でした。

──決勝戦まで進んで、どういうチームだったと振り返られますか?

村上 成長の跡が大きかったですね。3年生のたくましい姿を見られた1年でした。

続いて取材に答えた神村学園・寺師勇太監督は、「最高の環境で最高の相手に、われわれの良さを引き出させてもらえました」と、まずは日ノ本学園の健闘を讃えた。

寺師 1点じゃ足りないとは試合前から思っていたんですけど、3得点は出来すぎかなと思っています。選手たちに「ありがとう」と伝えたいです。

──前半は井手口選手が負傷して稲田選手に交代するなど、けっこう苦しい展開でした。

寺師 アクシデントがある中で、前半を失点ゼロで終われたというのは、キーパーを含めてディフェンスがよく頑張ってくれたからですね。でも、(交代で入った)稲田がゴールを決めたので結果は良かった。井手口は悔しい思いをしているはずなので、来年頑張ってほしいなと思います。

──監督は昨日、稲田選手に活を入れられたようで。その稲田選手が見事に先制点で応えました。

寺師 はい、よくやってくれました。あの思い切りのいいシュートを、決勝の舞台でやり切れるという技術の高さ。スイッチが入ったときの稲田は実に魅力的です。1点を取った瞬間、ほかの選手全員の疲れが一気にふっ飛んだのかなと思います。

──これまで、何度も決勝に進むも破れて、今年やっと優勝を勝ち取りました。今回のチームの良さはどんなところにありますか?

寺師 夏(インターハイ)もそうだったんですけど、優勝という目標を掲げるよりは、1試合に全力を出し切る。これが全員のスローガンだったので、夏は4試合、冬は5試合、計9試合すべてに全力を出し切って、その結果、優勝できたということですね。

熱戦を繰り広げた選手たちが熱い思いを語る

負傷から復帰し、寺師監督の期待に応えて値千金の先制のゴールを決めた稲田雛選手もインタビューに答えてくれた。

──ゴールシーンを振り返ってみていかがですか?

稲田 ボールを奪った瞬間、ゴールしか見てなくて、絶対に決めてやろうと思いました。

──昨日、寺師先生に喝を入れられたようですけど、それも効きましたか?

稲田 はい(笑)。寺師先生には、上手くいかないときに何回も喝を入れてもらって、それを受けて、絶対自分がシュートを決めて日本一になろうと思いました。

──6月のケガを乗り越えて、決勝の舞台に立てたということに関してはいかがでしょうか?

稲田 手術したら選手権に出られないので、手術をせずに挑みました。練習する中で全然うまくいかないときは、「何のために出場を選んだんだ?」と考えることもあったので、絶対に後悔しないでやり切ろうって思いました。

──右膝にテーピングもされていてまだ痛みはあるんですか?

稲田 プレーに支障が出ないくらいの痛みだったので大丈夫だったんですけど、(相手の選手との)接触とかはちょっと怖かったです。

──最後に、自分がゴールを決めて日本一になった、今の率直な気持ちを教えてください。

稲田 本当に嬉しいです。日本一になったというのはまだ実感できてないんですけど、最高の思い出です!

優勝にあと一歩届かなかった日ノ本学園・箕輪千慧キャプテンも取材に応じた。

箕輪 優勝ができなかったことはすごく悔しかったんですけど、チームのみんながいたおかげでここまで来れたので、その思いのほうが大きかったです。

──試合後、泣くこともなく、みんなに駆け寄っていく姿が印象的でした。ご自身で考えての行動だったんですか?

箕輪 そのときに考えていた訳ではないんですけど、みんなの頑張ってる姿を見ていて、ここまで来られた感謝の思いを伝えたいなというほうが大きかったので、涙は出ませんでした。

──試合が終わって、相手のキャプテン・愛川さんに駆け寄って挨拶をしましたが、今後INAC神戸レオネッサでチームメイトとなる彼女とどんな会話があったんですか?

箕輪 今日戦えて、戦えて嬉しかったっていう気持ちと、やっぱり神村はすごくいいチームだったということを伝えました。

最後に、優勝した神村学園の愛川陽菜キャプテンが今の気持ち、高校の3年間について語ってくれた。

──優勝おめでとうございます。

愛川 ありがとうございます。

──愛川さんは2年前、この場で悔しい思い(決勝戦で敗退)をして、この場所に戻ってきましたけど、どんな気持ちで臨みましたか?

愛川 2年前、最後ここで負けたら意味ないなというのを痛感させられたので、ここでしっかり勝ち切って、いい状態でこのチームが終われるようにしたいなと思ってました。

──前半は耐える時間が多かったと思いますが、前半を終えて、井手口さんが抜けた中で、チームとしてどうやって戦っていこうという話になったんですか。

愛川 ベストメンバーじゃなくても、しっかり勝ち切らないといけないなというのは意識しましたし、ここで折れてしまったら相手の勢いのほうが上になってしまうので、チームの士気を上げることを心がけていました。アクシデントがあったから負けっていうのは嫌なので、そこはハーフタイムにも(寺師)先生に言われて、自分たちがやらないといけないことは何かっていうのを再確認できて、先生の存在が大きかったです。

──寺師先生を頂点に立たせられたというのは、みんな嬉しいでしょうね。

愛川 先生を日本一にさせることが自分の目標でもあったし、「下手でも勝てるんだぞ」という先生のサッカー観を、全国の方に見せられたのが嬉しいです。

──あらためて、終わってみたら3-0で勝利したという結果に関してはどうですか?

愛川 やっぱり先生が掲げている攻撃的なサッカーを出しつつも、守備は無失点で耐えられました。1年間やってきたことがしっかり決勝戦で出たっていうことは、自分たちは間違ってなかったんだなっていうのを証明できたので、大変嬉しく思います。

──3年生として、キャプテンとしてチームを引っ張ってきて、後輩たちに残せたものを教えてください。

愛川 やっぱり、ノエビアのピッチを経験させられたことだったり、またここに来ないといけないという「帰る場所」を作ってあげられたのは、自分の中で満足です。絶対1、2年生をノエビアに連れていくって意識してやってきたので。

──優勝カップを掲げた瞬間の気持ちは?

愛川 嬉しいというよりかは、このチームがここで終わってしまうんだなっていう、悲しい気持ちが強かったです。

──ご自身の今後の目標を教えてください。

愛川 高校サッカーは後悔なく終わることができたので、次のステップでまた1 からやることが大事だと思っています。気持ちを切り換えて、(神村の)みんなはいないですけども、自分自身で努力して、またこういう舞台に帰ってこられるような選手になりたいです。

第30回全日本高校女子サッカー選手権決勝戦
日時:2022年1月9日(日)
会場:ノエビアスタジアム神戸

公式サイト

@JFA
Reporter:Takehiko Sawaki