新メンバーの参入で自由奔放なショーを繰り広げたavex ROYALBRATS

ROUND.1、2が「SEGA SAMMY LUX」、ROUND.3、4が「FULLCAST RAISERZ」と同一チームが2連勝するという展開となったD.LEAGUE。新年1発目のROUND.5から中盤戦に突入するだけに、2チームの独走を阻止したいところ。

トップバッターは「SEPTENI RAPTURES」。ROUND.4では芳しい結果を得られず悔しい思いをしたが、あえて前回と世界観がリンクしたショーで勝負をかけた。白い衣装とハットで決めたMiYUがメインダンサーを務め、白いドレスを身にまとったAKIをパートナーにファッショナブルに躍動し、それを黒い衣装を着た6人が抜群のチームワークでサポート。ボックスやスタンドマイクなどの小道具を巧みに使いながらパワフルなダンスを繰り広げる。

トータルランキングでは1位を死守しながらも、前回は4位に甘んじた「SEGA SAMMY LUX」は、「男性が女性を誘う」という女性を意識したコンセプト。ラメできらめくシャツにピンクのジャケットを羽織ってセクシーに着飾った8人は、各所に設置したお立ち台を効果的に使用しながら、めまぐるしいフォーメーションとジャケットプレイで見る者を幻惑する。

「バスケットボールのハーフタイムショー」をテーマにした「KOSÉ 8ROCKS」は、ブレイキンの大技を惜しげもなく披露する個人技と息の合ったルーティンを絶妙のバランスで織り交ぜ、途中でバスケのシュートをイメージさせる動きを取り入れるなどの遊び心を垣間見せながら一気に駆け抜ける。ゲストジャッジの水谷準は「期待を裏切らないパフォーマンスで、アクロバティックなダンスが心に刺さった」と同じアスリートとして賛辞を贈った。

「avex ROYALBRATS」は、LAから来日した新メンバーのShiggy(中野滋斗)が参戦。お正月から発想を得た「子どもの頃のいろいろな遊び」をコンセプトにショーを構成。黄色を基調にした可愛らしい衣装と、やんちゃなしぐさ、そしてかくれんぼをモチーフにしたコミカルな振付で、avex ROYALBRATSらしい世界観を構築。上着で下半身を覆ったり、寝転がったりと自由奔放な動きの中にも圧倒的なダンススキルを見せつけ、69点と高得点をマークして首位に立つ。

光と影、太陽と月と、表裏一体の2つの美をテーマに、女性ならではのダンスナンバーをテーマにした「USEN-NEXT I’moon」。白と黒の衣装で2チームに分かれて、SakiとKarenがメインを担当。白は華麗に、黒はエネルギッシュに、それぞれ趣の違うダンスを披露する前半。徐々に双方が混ざり合ってスピーディーかつシンクロ率の高いダンスを展開する後半と、あらゆる意味で2つの美が表現された緻密なショーとなった。

世界大会で数多くのタイトルを獲得しているenaがセンターを務めた「CyberAgent Legit」。これまでは静謐な作品が続いていたが、今回は一転して「スタイリッシュかつ力強い」をコンセプトに掲げての作品。パワフルなロックダンスやアクロバティックな大技などでガンガン攻めながらも、しっかりとリズムに乗りながら緩急も織り交ぜ、表現力の幅を見せつけた。