自分の心に素直に向き合ってあげてほしい

――5月14日からは、ファーストEPを引っ提げて大阪、愛知、東京を回る「ONE N’ LIVE 2022 〜YOUNG BLOOD〜」が始まります。ファンの皆さんに何を見せていきたいですか?

TETTA 具体的に何をやるかは決まっていないのですが、ザ・ONE N’ ONLYといえるEPに仕上がっているので、ワンエンらしい力強いライブにしたいです。まだ詳しくは言えないですが、セットリストやライトとかも……。

REI ライト!?(笑)。

HAYATO かっこいいこと言うね(笑)。

TETTA そういった演出も含めてこだわっていきたいです。

――TETTAさんがライブの総合演出をする姿も見てみたいですね。

NAOYA 大丈夫かな(笑)。

HAYATO コントとか始めちゃいそうだけど(笑)。

TETTA エンターテイナーなのでクリエイティブに考えていきます(笑)。

――それでは最後に読者のティーンにメッセージを。HAYATOさん、お願いします。

HAYATO 僕は高校に進学する時に地元の学校に行くか、東京にあるダンスや音楽の専門学校に行くか迷っていて。最初は親にも反対されたので普通の高校へ進学しようかなと思いましたが、夢を追う道を選んで無理やり東京に行きました。そうしたからこの活動に巡り合えて今があります。僕は人生は一度きりだから自分のやりたいことをやった方がいいと思うタイプ。周りはいろいろ言ってくるかもしれないけど、皆さんも自分が本当にやりたいことをやってほしい。今、将来のことで悩んでいる人も、逆にやりたいことがないという人も、いつかはやりたいことができるはずだから。自分の心に素直に向き合ってあげてほしいなと思います。

EIKU 高校生って勉強も大変だもんね……。

HAYATO もし、勉強が嫌になってきたらこの『YOUNG BLOOD』を聴いて気分をまず上げてほしいです。この曲を聴くとテンションが上がってパワーがみなぎってくると思います。嫌になったときやどうしても頑張れないときにエンジンをかけるきっかけになってくれたら嬉しい。みんなが聴いてくれればONE N’ ONLYも爆アゲです!

Information

1st.EP『YOUNG BLOOD』
2022年2月16日(水)リリース

【初回生産限定盤】
品番:ZXRC-2086
形態:1CD(7曲)+BD+60P撮り下ろしフォト+ライブフォトブックレット
価格:税抜7,500円/税込8,250円

【通常盤TYPE-A / TYPE-B】※2形態
品番:ZXRC-2087、2088
形態:1CD(6曲)
価格:税抜2,300円/税込2,530円

【封入特典】
※ランダムトレーディングカード1枚封入(全7種/ソロ6種+集合1種)
※初回生産限定盤、TYPE-A、TYPE-Bすべて別絵柄

【CD収録曲】 M1~M4 全形態に収録
M1 「YOUNG BLOOD」 ※リード曲
M2 「What’s Your Favorite?」
M3 「FOCUS」
M4 「STARLIGHT ~未来ノトビラ~」

M5 「Video Chat」 ※初回+TYPE-A収録
M6 「L.O.C.A (PT-BR ver.)」  ※初回+TYPE-A収録
M7 「We Just Don’t Care」 ※初回のみ収録

M5 「JUST LIKE ME」 ※TYPE-B収録
M6 「L.O.C.A」 ※TYPE-B収録

【Blu-ray収録内容】
ONE N’ LIVE ~Zepp Tour 2021~”Special Edition”
2021年7月10日 中野サンプラザ 公演 ノーカット収録
M1 Shut Up! BREAKER
M2 JUST LIKE ME
M3 Dark Knight
M4 L.O.C.A
M5 Breathe
M6 Only One For Me
M7 Zepp Tour 2021 Dark Medley
(Don’t worry/Black Hole/I’M SWAG/GuRu GuRu/LA DI DA)
M8 SMASH
M9 Category
M10 HOLIDAY
M11 Destiny
M12 STARLIGHT ~未来ノトビラ~
M13 Video Chat
M14 My Love

公式サイト

ONE N’ ONLY

ダンス&ボーカルユニット

2018年結成。スターダストプロモーション所属の6人組ダンス&ボーカルユニット。YouTube上に公開されたMusic Videoは世界各国で注目され、特にアジア・中南米・欧州からのアクセスが殺到し、合計再生回数は1800万回を突破。さらにTikTokのフォロワー数は430万人を超え(※取材時点)、日本人音楽アーティスト1位。動画の総再生回数は2億回以上!日本国内だけでなく、アジアや中南米など海外からも注目度も高い。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Tetsu Takahashi