初めてのタイプのキャラクターにチャレンジ

――『大怪獣のあとしまつ』の台本を読んだ時の印象を教えてください。

濱田 怪獣が死んだ後の話ということで、天才・三木聡監督の脳みそに驚きました。確かに、怪獣の死体ってどうすればいいか分からないよなと。僕も子どもの頃から普通に特撮好きの男の子でしたけど、そんなことは全然考えてなかったので。

――三木監督とお仕事をされるのは、本作が初めてでしょうか?

濱田 そうです。見た目はすごくワイルドな方ですが、お話は丁寧で優しくて、ギャップ萌えでした(笑)。

――今回、雨音正彦という役を演じるにあたって、監督とどのようなお話をされましたか?

濱田 監督がおっしゃっていたのは、雨音は「首相にとっての最強の右腕」だということです。首相を裏から牛耳って、暗躍しているような人だと説明をました。あとは声のトーンやブスッとした感じ、それと居住まいですね。リハーサルを何度もして、山田(涼介)君や(土屋)太凰ちゃんとバランス詰めていった感じです。

――雨音正彦は冷静沈着なキレ者で、濱田さんが普段演じる役とはかなり違う印象を受けました。

濱田 こんなに騒がしくない役はやったことがなくて。初めてのタイプのキャラクターにチャレンジさせてもらいました。監督に踊らせてもらっている感じで、嬉しかったです。

――役の雰囲気はすぐに掴めましたか?

濱田 リハーサルで監督から細かく指示があったので、そこでキャラクターを掴んで、いろんなシーンに臨んでいきました。僕はコメディーリリーフ的な役には慣れているというか、「照れを外す」っていうことは比較的出来るんですが、今回は真逆の真面目な人間なので、毎日、緊張していた気がします。

――役作りでこだわられた部分はどこでしょうか?

濱田 自分というより、スタッフのみんなに助けてもらいました。例えばフルオーダーで独特なスーツを作ってくれもらったんですが、昔の軍服を思わせるもので。着てみると自然と違った気分になれました。あとは髪型やヒゲです。内閣の人間ではありますが、ヒゲを生やしてもいいのでは?と提案しました。最初監督は「うーん」と言っていましたが、アリにしてくれました。外身から入っていった感じです。

――表情もいつもの濱田さんの印象とはかなり違いました。

濱田 笑顔のシーンは1つもないんじゃないかな。初めてのチャレンジですから、やりづらさというのは必要経費のようなもので、全く苦しい作業ではなかったです。

――三木組の常連俳優さんたちも大勢出演されていますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

濱田 すごく楽しい現場だなって思いました。状況によってはすごくピリつくこともあると聞いていたんですが、この『大怪獣のあとしまつ』で、そんな瞬間は一度もなかったです。

――本作では、『釣りバカ日誌』シリーズなどで共演されている西田敏行さんとのシーンが一番多いかと思います。

濱田 嬉しかったですね。でも、せっかく西田敏行さんと一緒にいるのに、一度もふざけないんです。「釣りバカ」とは全然違う作業でした。

――濱田さんと西田さんは、現場ではどんなコンビなのでしょうか。

濱田 撮影は1回目の緊急事態宣言の前だったこともあって、ずっと「いつ飲みに行くか」という話ばかりしていたのに、本番が始まったら2人で大真面目にやる。新鮮ですし、大好きで尊敬する大先輩の右腕役ができたことは光栄でした。公私混同というか、幸せな時間でした。

――西田さんはアドリブが多かったりするんでしょうか?

濱田 今回は監督が事前に「台本のセリフを一言一句守ってほしい」とおっしゃっていました。ただ、西田さんが現場で口笛を吹いたり、関係ない冗談を言ったりしているのを監督は常に見ていて、「それを活かしましょう」ということはありました。