脱ぐシーンの多い佐藤大樹は常に高タンパク低脂質を摂取

『liar』の原作は、人気小説投稿サイト「エブリスタ」で累計1,500万PVを達成し、コミック版は「電子→単行本」という異例のヒット経歴をたどり、累計200万部突破(紙・電子合計)の超話題作。

オトナ女子の間で火がついた原作の実写化ドラマは、同じシーンを「男性目線」「女性目線」の交互で描かれ、2人の本音がモノローグで語られることでリアルな恋の駆け引きが視聴者に伝わる構造だ。

この「ズレ恋ストーリー」のトークイベントに、W主演の佐藤大樹(EXILE /FANTASTICS from EXILE TRIBE)と見上愛に加え、佐藤大樹演じるエリート社員・市川一哉の婚約者・田所裕子役の川島海荷、見上愛演じる成田美紗緒が憧れる優秀な商社マン・上条譲を演じる太田基裕、そして市川と美紗緒の上司・出野司を演じる古川雄輝といった注目のメインキャストが集合。さらに、本ドラマのメガホンをとった熊坂出監督も登壇し、それぞれの挨拶からトークショーが始まった。

──市川一哉役の佐藤さん、地上波の連続ドラマ初主演を務められた気持ちはいかがでしょうか。

佐藤 初主演は人生で1度しか経験できないことですよね。個人的に印象的だったのは、顔合わせのときに監督が「僕はこの作品を代表作にしたいです」とおっしゃって、それを聞いた瞬間、自分もその気持ちに負けないように、初主演にして代表作になればいいなという思いで臨みました。

──本作のために準備したことはあったんですか?

佐藤 まず台本を読んで、これほど体をあらわにする(裸の)シーンがあるんだというのにビックリしたので、体づくりを1からしました。今まで学生役が多くて、サラリーマンを演じるのは初めてだったので、大人っぽい仕草の練習をいっぱいしました。

──ちょっと悪くてずるいという一面が1話2話では見られましたが、演じていていかがでしたか。

佐藤 冷静かつツンデレで、本音を口に出さないという市川は普段の自分と本当に真逆なので、役を掴むまでかなり大変でした。1話2話で同じシーンが出てきて視点が変わるというのは、かなり大きなトライだなと思いましたし、モノローグが多いので、そのシーンの仕草や表情一つひとつを作るのに苦労しました。

──見上さんも地上波初主演です。お気持ちを聞かせてください。

見上 主演だからといってあまり気負いすぎないようにしようというのは心に決めていて、監督や共演の方の名前を聞いたとき、これは私が何かしようと思う必要がないなと思って、とにかく楽しもうという気持ちで撮影に臨みました。

──成田美紗緒を演じるにあたって、心がけたことはありましたか?

見上 私自身は心の鎧(よろい)をセットして物事と対面しているんですけど、美紗緒ちゃんはそれがいっさいなくて、思うことに真っ直ぐぶつかっていく子なので、そういう対面の仕方をできるように、傷つくときは正しく傷つくということができるように意識しました。

──恋に落ちていく美紗緒に共感する女性が明日(のオンエア)以降増えるんじゃないかなと思うんですけど、客観的に美紗緒を見てどんなお気持ちですか?

見上 浮気相手と分かって会っているのは褒められたことじゃないと思うんですけど、でもイチさん(佐藤)のことが好きという真っすぐな思いで美紗緒は行動するので、そこに注目して観ていただけると!嫌な女の子ではなくて、自分にも(そういう一面が)あるかもしれないという女の子じゃないかなと思います。

──川島さんは、佐藤さんと結婚を前提としてお付き合いをしている田所裕子役ですが、2話では早くも波乱を感じさせる展開ですね。演じるにあたって工夫されたことなどありましたか?

川島 社長令嬢で上品、でも恋になると周りが見えなくなって予想もできないことをしてしまうという、自分とは真逆な役だったので、どう演じようかな、大丈夫かな私って思っていました。でも、好きな人に一途というのは誰にでもある部分だと思うので、あまり考えすぎずに演じさせてもらいました。でも、順撮りではなく、いろんなシーンを一気に一日で撮影したので、自分の感情が分からなくなりましたね。ただ、今までやったことのない役なので、そこは楽しませてもらいました。

──太田さんは美紗緒が憧れる先輩・上条譲役ですが、実は社内で禁断の恋に沼っているという役です。

太田 上条さんの温かい人柄とか、でも隠された思いがあるという、そういう部分が日常に染み込むような雰囲気で演じられたらいいなと考えてやっていました。いろんな感情や欲望があって複雑というのはどんな人間もそうですし、上条さんも葛藤しながら前を向いて歩んでるんだなとか、共感しながら演じさせてもらいました。

──古川さんは部下からの信頼も厚いクールな出野司役ですが、上司として主演のお2人を見ていかがでしたか?

古川 シリアスなシーンが続く中、常に元気で笑顔ですし、スタッフの方々からもすごく愛されていて、周りへの気配りもできる女優さんだなと思いました。今日もバレンタインということで、わざわざチョコレートを持ってきてくださって。一方の佐藤君は周りへの挨拶もしっかりしていて、ストイックに作品に向かっている印象でしたね。脱ぐシーンがたくさんあるんですけど、それに向けてトレーニングされていたのか、楽屋のテーブルの上には常に高タンパク低カロリーの物が用意されていて。

見上&川島 (爆笑)。

佐藤 さすが出野さん、何でもお見通しですね(笑)。常に高タンパク低脂質を食べていました。