「人間ってそんなに 分かりやすくない」が 詰まっている映画

――数多くの映画をコンスタントに撮り続ける今泉力哉監督と城定秀夫監督。日本映画界をリードする2人が、お互いの脚本を提供し合うラブストーリー『愛なのに』『猫は逃げた』で、瀬戸さんは城定監督が手がけた『愛なのに』で主演を務めました。今泉監督の書いた脚本を読んだ印象はいかがでしたか?

瀬戸 何かスッキリしないなと。それが、この作品の味・色なんだろうなと思いました。おそらく『愛なのに』というタイトルは城定さんの意見だと思っているのですが、もともと今泉さんの脚本タイトルは「遊びと私生活」だったので、すごく印象が違いました。このタイトルも含めて曖昧な作品で、それが今の世の中みたいだなと思ったんです。あえて、いろいろなことをはっきりさせないというか。

――全編に渡って独特な空気感が漂っていて、シリアスなシーンでも飄々とした印象を受けました。セリフ回しなどは意識しましたか?

瀬戸 セリフ回しは特に意識していませんが、全体的なトーンは意識しました。この作品は誰もが探り合っているというか、微妙な空気が流れているのが面白いと思います。たとえば沈黙の中で見つめ合っているとか、その静かなトーン、古本屋に合う温度感でいたいなと思っていました。

――城定監督の演出はいかがでしたか?

瀬戸 僕が城定さんに思っていたイメージは、「絶対にこれじゃなきゃダメだ」というものだったんですが、自由にやらせていただき、こちらの意見もちゃんと聞いてくださって、一緒に作ろうとしてくれているんだなと。もちろん僕自身、城定さんのことをリスペクトしているし、大好きな監督なので、お互いが信頼関係を持って作品作りができたのは嬉しかったです。

――今回は城定監督と今泉監督が、お互いの脚本を競作するという珍しい試みでした。瀬戸さんから見て城定監督は、今泉監督のことを意識しているなと感じましたか?

瀬戸 たぶん城定さんは、今泉さんに対して「すごい人だな」と思っているところもあるだろうし、一方で今泉作品っぽくはなりたくない、自分が撮る意味というものを絶対に持っていたと思います。だから今泉色に、ちょっとだけ染まろうという印象を受けました。

――さとうほなみさんとのラブシーンでは、城定監督が自ら身振り手振りの演技指導をされたとお聞きしました。

瀬戸 城定さんと助監督が体を張って指導してくださいました(笑)。僕とさとうさんが「じゃあ頑張りますか」という感じで現場に行くと、もうベッドでスタンバっていて、「こういう感じで!」といろいろやってくれるんです。監督自ら体を張ってやってくれているんだから、自分が恥ずかしがっている場合ではないと思いました。でも「何やってんですか?」って普通に笑いました。そんな感じで、現場はとても明るかったです。

――瀬戸さん演じる古本屋の店主・多⽥浩司は、いつまでも昔のバイト仲間・一花(さとう)に思いを寄せる一方で、自分に恋心を抱く女子高生・岬(河合優実)にも惹かれていきます。多田にシンパシーを抱く部分はありましたか?

瀬戸 まったくなかったです(笑)。まず一花は婚約者がいるので、「いつまで引きずってるの?早く諦めろよ」と思いました。岬とも一回りは年齢が離れているので、そこまで年下の女性に感情を乱されるなんて考えられなかったですし、僕には無理かなと思いました。あまり僕にとっては共感ポイントのない役でしたけど、それが演じていて楽しくもありました。

――共演した河合さんの印象はいかがでしたか?

瀬戸 落ち着いていて物静かで、キャピキャピしていないんですよね。撮影も短かったのであまり多く話した訳ではないんですが、とてもお芝居がやりやすかったです。

――ティーン世代の読者に向けて映画の見どころを教えてください。

瀬戸 世の中にはピュアな恋愛ものとか、ヒーローものとか、みんなが楽しいコメディーとかとは違ったジャンルの映画があるということを知ってほしいです。それを観ることによって、自分の新しい価値観を見つけ出せるかもしれないし、もしかしたら新しい扉を開くきっかけになるかもしれない。高校生は流行りのSNSなど、分かりやすいものを目にしがちですけど、人間ってそんなに分かりやすくない、というのが詰まっている映画です。一つのことで人間は構成されていない、一つの要素だけで人って生きていない、そんなことが分かる作品だと思います。