メンバー間の距離がどんどん縮まっている

――グループを結成した経緯をPPP(ピンク・プレイング・プロデューサー)の佐々木さんから紹介してもらえますか。

佐々木 浪江町の役場の方から「一緒にお仕事させてもらえませんか」というお話をいただいたのが最初のきっかけです。それでスターダストプラネットの後輩たちとグループを組んで、浪江町でフリーライブを行い、来ていただいた方々の募金を寄付する活動をしてみようということから活動が始まりました。

――結成は2019年ですが、当初から長期的な活動を視野に入れていたのでしょうか。

佐々木 期間については決まっていませんでした。ただ月に1回ぐらいは、みんなが集まって活動できたらいいね、と話していました。

――グループのコンセプトはどのように考えていたんですか?

佐々木 浪江町の皆さんに愛されるグループにしたいと思って活動を開始しました。浪江町出身のメンバーがいる訳ではないですし、普段はアイドルに馴染みがない方々もライブにたくさんいらっしゃると思ったので、町の皆さんに受け入れていただけるように、短いスカートや派手な色味の衣装はびっくりするからやめようとか、「盛り上がっていくぞ!」みたいな曲調よりも特に最初の方はミドルテンポの楽曲のほうがいいなど、衣装や楽曲も町役場の皆さんと話しながら決めていきました。

――町のイメージに寄り添ってグループのカラーを決めていったんですね。

佐々木 あとJA浪江のメンバーは他のグループとの兼任なので、普段のグループのときとは違った一面を見せられたらいいなと思っています。浪江町の皆さんはもちろん、普段から応援してくれているファンの皆さんにも楽しんでいただけることを目標にしています。

――それぞれ普段の活動との違いや面白さ、浪江女子発組合ならではの魅力を教えてください。

佐々木 ももいろクローバーZよりもメンバーが多いので、フォーメーションや歌割りなど、パフォーマンス面で違う見せ方がたくさんできるのが新鮮で楽しいです。

播磨 曲中にメンバーと目が合ったり、ハイタッチしたり。そういうコミュニケーションが舞台上だけでなく、リハーサルなど、いろんなところでできるのが楽しいです。

愛来 いろんなグループが集まってできているので何気ない会話でもアメフラっシのメンバーだけで話す内容とは違っていて刺激を受けて楽しいです。

市川 アメフラっシとしてはあまり遠征に行けていなかったので、浪江町でライブができているのはうれしいです。大人数のわちゃわちゃ感も含めて、女子旅感があるのも楽しいです。

鈴木 お客さんの雰囲気がアメフラっシとJA浪江では全然違うんです。アメフラっシのライブは熱い雰囲気ですが、浪江町の方々は温かくて、親戚が集まって楽しいことをするという感じがあります。

小島 昔、同じグループだったメンバーも多いので、話していると懐かしくて、ちょっとした同窓会感もあります。

高井 過去に一緒に活動してきたメンバーの成長を間近で見られる上に、PPPさん(佐々木)の背中を近くで感じられて、いろんな角度から刺激をもらえる場所です。浪江町という一つのホームというか、私たちの大好きな場所ができたこともうれしくて、もっともっとみんなで活動していけたらなと思います。

内藤 アメフラっシとハリマロン(播 磨)とは、フェスなどで会うことはあったんですけど、またこうやって同じグループとして活動できていることが楽しいですし、あーりん師匠(佐々木)と仲良くさせていただけて、距離がどんどん縮まっていると思えることもうれしいです!

左から小島はな、佐々木彩夏、高井千帆、播磨かな
左から市川優月、愛来、鈴木萌花、内藤るな

――結成当時、先輩である佐々木さんとの距離感はいかがでしたか?

市川 最初は緊張して、あまりしゃべりかけられなかったです。休憩中も誰も話しかけなかった(笑)。

佐々木 ずっとももクロのライブに出てくれていたメンバーだったので、先輩後輩が定着し過ぎていて、急に同じグループのメンバーだと言われても、なかなかその関係性は抜けませんでした。私も最初はドキドキしてましたし、結成してすぐコロナ禍になって活動が思うようにできなかったこともあって。でも活動も長くなりましたし、浪江に行くときの車内での会話も多くなって、徐々に距離が縮まりました。

――車内では誰が一番賑やかですか?

市川 みんなだよね?

鈴木 そんなことないよ。帰りはライブが終わった後なので、みんな寝ちゃうことも多いんですけど、ゆづ(市川)とはな(小島)はずっと起きているんです。

佐々木 朝も早いので普通は寝ますよね(笑)。

市川 せっかくの旅なのに、どうしてみんな寝ちゃうんだろうって思います。まだ一緒に行ったことはないけど、はりちゃん(播磨)も絶対起きているはず!

播磨 そうだね(笑)。