浪江女子発組合は背中を押してくれる楽曲が多い

――1stアルバム『花咲む』のコンセプトを教えてください。

佐々木 私たちのことを知っていただくための入門編という感じで、今まで配信でリリースしていた5曲にプラスして新曲を収録しています。浪江女子発組合の自己紹介的なアルバムになっているので、このアルバムで私たちの曲やメンバーの雰囲気を感じていただけたらなと思います。

――特にティーンに注目してほしい曲はありますか?

佐々木 私たちの曲は、背中を押してくれるものが多いんですけど、中でもリード曲の「ハレノヒの足跡」はティーンの皆さんにぴったりだと思います。「復興なみえ町十日市祭」という、私たちの活動を広める場にもなったお祭りをテーマにしているんですが、人と人との出会いを含めて、過去と今があって未来に繋がるというメッセージが込められています。私は高校時代の友達と一番仲が良いんですが、友達との出会いは自分の性格や考え方を変えてくれますし、自分の好きなことを形成していく上で大事なポイントになっています。この曲で人との繋がりや、みんなで歩いていく大切さみたいなものを感じてもらえたらうれしいです。そして、そういう出会いを大切にして、素敵な未来に繋げていってほしいなと思います。

――今回のレコーディングで思い出に残っていることはありますか?

播磨 レコーディングはメンバーそれぞれで行うんですけど、私が録るときは、あーりんが先にレコーディングをしていることが多いので、ほぼ絶対にあーりんの声が入っているんです。なので勝手に「あーりんと2人」という気持ちで歌っています。まさか、あーりんの声を聴きながらレコーディングする日が来るとは思っていなかったので、めっちゃ楽しいです!

――歌い方など、普段のグループと違うところはありましたか?

愛来 歌声で明るさを表現するところがあったんですが、自分が思っている以上に、元気に明るく声を出さないと意外と暗く聴こえちゃうんだなと感じることが多かったです。

市川 アメフラっシはかっこいい系の曲が多いので、キーも低めなんです。浪江の曲は女性らしい高いキーの曲調が多いので、そのキーが出ない!

高井 浪江は歌詞も前向きで明るいワードが多いんです。B.O.L.Tにもポジティブになれる曲はたくさんあるんですけど、浪江はキーの高さだけじゃなくて常に明るく見せられるように意識して歌いました。歌の先生から「目の前に鏡を置いて、自分で気持ち悪いなと思うくらい口角を上げるとちょうどいいよ」と言われるんですが、それぐらい明るく表現することを意識しています。

――今日の衣装もJA浪江らしい明るさや爽やかさを感じますが、ポイントを教えてください。

佐々木 私はももクロでメンバーカラーのピンクの衣装を着慣れていたので、みんなでお揃いの衣装が着たい、だったらピンク以外の色がいいという思いもありました。でも、町の花であるコスモスを掲げる意味でも、やっぱり温かいピンクがいいんじゃないかという意見をいただいてこの色になりました。スカートの色がグラデーションになっていたり、みんなの名前が刺繍されていたり、細かい部分までこだわっています。振付もみんなで長いピンクのスカートをひるがえしながら踊るイメージをダンスの先生に伝えました。このアルバムに合わせた新衣装もあって、浪江の海をイメージした青い衣装なので注目してもらいたいです。

――最後に浪江女子発組合でチャレンジしたいことを聞かせてください!

内藤 東京とか関東の公演で浪江女子発組合を初めて見て気になってくださった皆さんと一緒に浪江町に行って、浪江町の方とたくさん盛り上がりたいです。

高井 1週間ぐらい浪江町に泊まって、ライブ以外でも町の方々と交流して、浪江町の魅力を近くで感じながら、実際に移住を考えている方の参考になれるような体験をしたいです。

鈴木 活動当初から、浪江町の方とお餅つき大会や運動会を一緒にしたいと言っていたんで、それを叶えたいです。

市川 私も浪江町の行事に参加してみたいです。まだまだたくさん知らない浪江町があると思うので、実際に体験をしながら知っていきたいです。あとみんなで、浪江町でお泊り会をしたい!決してあーりんと泊まりたいとか、あーりんの手料理が食べたいとか、そういう訳ではありません!

小島 私は、みんなで浪江町を巡って、食べ物屋さんを制覇したい!

播磨 私も浪江町の方と交流を深めたいです。それに加えて、浪江女子発組合を通して、浪江町のことをいろんな方に知ってほしいです。全国の学校に行ってなみえ焼そばの屋台を出したり、幅広い世代の方に知っていただきたいです。

――なみえ焼そばがキーワードになっていますね。

佐々木 浪江町のソウルフードなので、ぜひ食べてほしいです!

愛来 浪江町に「福島いこいの村なみえ」という宿泊施設があるので、そこで深夜配信をしたり、みんなで夜ふかししたりしてみたいです。あと新しく「ラッキー公園」が開園したので、そこも行きたいです!

佐々木 浪江女子発組合で写真集を出したいです。ももクロは奇抜な衣装を着て変な振りで踊っているというイメージが強いと思いますが、浪江女子発組合は「かわいい、清楚」がコンセプトです。それを前面に押し出した、みんながかわいいと思ってくれるような作品を作りたいです。

Information

1stアルバム
『花咲む』
好評発売中!

【初回限定盤】
品番:KICS-94023 / 形態:CD1枚+Blu-ray1枚 / 価格:¥8,250円(税抜価格:¥7,500)
<封入特典>JA浪江スペシャルタウンガイドPHOTOBOOK
【通常盤】
品番:KICS-4023 / 形態:CD1枚 / 定価:¥3,300円(税抜価格:¥3,000)

■収録内容
[CD]全形態共通
01.Overture 〜浪江発の風にのって〜 02.なみえのわ 03.桜梅桃李夢物語 04.ミライイロの花 05.あるけあるけ
06.ほれ、あいべ! 07.それぞれのハタ 08.いつかまた浪江の空を 09.つながる、ウンメイ 10.ハレノヒの足跡 11.またキミと。
[Blu-ray]初回限定盤のみ
・「JA浪江の2021年」ドキュメンタリームービー
・「浪江女子発組合 出張公演 ~ももクロさんお先に失礼します~」 LIVE DIGEST VIDEO

公式サイト

浪江女子発組合

アイドル

浪江女子発組合、略して「JA浪江」。福島県双葉郡浪江町を中心に「浪江発の風に乗せて、あなたに届きますように」をキャッチフレーズに掲げ活動をしているスターダストプラネット所属のグループ。2019年11月24日に浪江町で開催の「復興なみえ町十日市祭」にて誕生し、ももいろクローバーZの佐々木彩夏(総合プロデューサー)、アメフラっシの愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花、B.O.L.T(ボルト)の内藤るな、高井千帆と、2021年7月18日に開催された浪江女子発組合出張公演「297kmのうた」より加入した播磨かなの計8名。イメージカラーは浪江町の花「コスモス」、女子ならではのスタンスで浪江の今を伝える。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi