4人それぞれがライブとは何かを10文字に込めて発表

りんたろー。と兼近大樹によるお笑いコンビEXIT。R-指定とDJ 松永によるヒップホップユニットCreepy Nuts。幅広い世代から支持を集める2組が、2月23日(水・祝)に東京・Zepp Hanedaでライブイベント「イグナッツ!! LIVE ~生業ブッかま!!2022~」を開催した。

お笑いと音楽というそれぞれのフィールドで大活躍中の両者がタッグを組んだトーク番組がテレビ朝日で放送されている「イグナッツ!!」だ。その番組から派生する形で今回、初のイベントが行われることとなった。

会場には、EXITとCreepy Nutsのファンが詰めかけ、イベント開始前から期待感が漂っている。オープニングVTRから、EXITとCreepy Nutsがステージに登場し、4人で「EXITとCreepy Nutsで『イグナッツ!!』」とタイトルコールをすると大きな拍手が起こった。

イベント冒頭では、お題について10文字で表現する番組のコーナー「十文字委員会」を観客の前で行った。お客さんからもらったお題は“ライブ”。4人は時間をかけて”ライブとは何か”を10文字に込めて書き上げ、観客に発表していく。

R-指定は「“せいめいいじかつどう”です」と回答。「よく(DJ 松永)と2人で言ってるんですけど、コロナ禍になって余計そう思ったんです。ラッパーは、人前で自分の表現を吐き出すことで生きられる商売なんだなって」と10文字に込めた思いを語った。

「そういう意味では俺も一緒かも」と声を上げたりんたろー。は、「“帰る場所最強ガソスタ”です。やっぱりライブをすると、オレらが大事なのはライブシーンだなって思いますね」とライブがエネルギーを注入する場所であると語る。

DJ 松永は「“竹ピスわたしのしごと”です」とコメント。「竹原ピストルさんの「わたしのしごと」という曲に、ライブへの思いが全て詰まっているんです。本当に素晴らしいんですよ。その曲は自分の仕事を、シャボン玉を割るためにわざわざアイスピックを使うことって表現してるんです。要は愛してますって一言を伝えるために、めちゃくちゃメロディと言い回しを考えてレコーディングして曲にする訳じゃないですか。指で割れるものを、わざわざアイスピックを用意して割る。それが作詞、アート表現だと言ってるんです」と曲を解説。さらに解説は続き「2番の歌詞では、そもそも何もなかったことを、改めて何もなかったかのようにすることがわたしのしごとって歌ってるんです。ライブって、まさにそういうものじゃないですか。レコーディングした完璧な楽曲があるのに、わざわざ荒いものをみんなにドーンと出すっていうのは!」と熱く語った。

兼近からは「オレ“ポ●●●まるだしだね”ですね」とストレートな下ネタが飛び出す。「自分をさらけ出すって意味で。それくらい我々は恥ずかしいことをしているんです。それをエンターテイメントにしている。それがライブ。だから竹ピスの言ってること分かるわ〜」と下品さ全開でありながらも真をついた言葉で笑いを取った。この判定は観客の挙手でジャッジされ、R-指定が1位を勝ち取った。