メンバーそれぞれが芸能界を目指した理由

――芸能界を目指したきっかけを教えてください。

中川 小学生の頃、BIGBANGさんが音楽番組でパフォーマンスしているのを見て、すごくかっこいいなと思ったんです。その年に日本で開催されたライブにすべて行ったぐらいハマりました。ファン層が幅広くて、男女共に愛されているところが魅力的だったので、そういうアーティスト像を目指して、この世界に入りました。オーディションを受け始めたのは大学4年生の頃で、それまでは「自分には縁のない世界」と諦めていました。

――オーディションを受けるまで、歌とダンスの経験はあったんですか?

中川 まったく経験がない状態だったので苦労しました。でも自分の理想像に近づくためには必要な努力だなと思ったし、このまま辞めたくない、諦めきれないという気持ちがどんどん強くなっていって、「PRODUCE 101 JAPAN」を受けました。

――本田さんはいかがでしょうか?

本田 小学生時代、毎週日曜は家族でお昼ご飯を食べながら「アッコにおまかせ!」(TBS系)を見るのがルーティンでした。小学6年生のときに、「この番組に出たい!」と思って、新聞広告に掲載されていた芸能養成所に応募したのが、この世界に入ったきっかけです。中学2年生まで演劇を中心に学んでいたんですが、その後、AAAさんを見てダンス&ボーカルグループをやりたいと思ってダンスを始めました。

――高校時代は陸上部に所属していたそうですね。

本田 高校は陸上の推薦で入学したんですが、ケガをして陸上部を辞めて、その後、ダンスを習い始めたんです。高校卒業後はダンスの専門学校に通って、結果的にこうしてデビューできたので、アッコさんに感謝です。いつか「アッコにおまかせ!」に出たいです!

――OWVを結成するまで紆余曲折あったかと思いますが、芸能界への気持ちが揺らいでしまったことはありますか?

本田 何度かくじけそうになって、もう辞めようかなと思ったことはあります。地元の福島県に帰って、ダンスの先生をしようかと迷ったこともありました。でも親が「何かを達成するまでは、帰ってこないで頑張りなさい」とずっと言ってくれていて、踏ん張れていました。それで転機を迎えることができました。

――浦野さんも何かきっかけがあったのでしょうか?

浦野 僕は小学6年生で芸能事務所に入ってバックダンサーをしていました。それまでダンスは未経験で、事務所に履歴書を送ったのも母親でした。そこで大きなステージをたくさん経験する中で、自分も主役になってみたいという思いが強くなっていきました。

――もともと芸能界に興味はあったのでしょうか?

浦野 特になかったです。小学6年生の1学期までは、中学受験のために勉強の日々でしたが、夏休みにオーディションに受かったんです。そのため勉強と芸能活動の両立が難しくて、「芸能界と勉強のどっちを取る?」という選択に迫られて、芸能界を選びました。ステージでパフォーマンスをする魅力に気づいたのは、K‐POPにハマった中学生の頃です。徐々に「ダンスボーカルユニットで活躍したい!」という思いが強くなって、歌とダンスの勉強を本格的に始めました。高校生の頃には、「絶対に成功するまで辞めない!いつかは成功する!」という思いを掲げながら夢を変えずに頑張ってきました。

――K‐POPは、どんなグループにハマったんですか?

浦野 最初にかっこいいなと思ったのはSHINeeさん。他にもBIGBANGさん、INFINITEさん、BOYFRIENDさんなど、いろんなグループが好きで見ていました。家族ぐるみでK‐POPのファンだったんです。

――佐野さんも何か影響を受けたものがあったのでしょうか?

佐野 僕は小学3年生の頃に、「オカザイル」(※バラエティ番組『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系)から生まれたナインティナインの岡村隆史さんとEXILEさんによるコラボユニット)をテレビで見たことがきっかけで、ダンスに興味を持ち始めました。ただ地元があまりにも田舎で、ダンスにチャレンジできる環境ではなく、中学では3年間野球、高校では3年間陸上をやっていました。

――ダンスを始めたのは、いつからですか?

佐野 ずっとやりたい気持ちはあったんですけど、実際に始めたのは大学入学で上京したタイミングです。練習を続ける中、縁があって様々な方々とお仕事をさせていただけるようになり、ステージ経験を通してスキルを磨いていきました。秀太(浦野)と同様に、アーティストさんのバックでパフォーマンスしていく中で、アーティストさん側になってみたいと思うようになりました。ただ僕は昔から歌うのがあまり好きではなかったので、ダンスで活躍する形が理想だったのですが、歌にも興味を持てるようになって今に至ります。

――地元にいた頃から、芸能界を目指そうという気持ちはあったのでしょうか?

佐野 漠然と「有名になる!」という気持ちはありましたが、具体的とは言えなかったです。

――高校時代に学校で印象的だったイベントを教えてください。

本田 体育祭の競技だったバスケは、とにかく本気を出しました。バスケ部よりも朝早く体育館に行って練習していて。その甲斐あって準優勝できたんです。準優勝と言っても学校の中での戦いなので、別にすごくはないんですが(笑)。でも、バスケで目立てたことでモテたんですよ!試合ではかっこ良さだけを追究して、スリーポイントだけ狙っていましたからね(笑)。しかも、けっこうな数のスリーポイントが決まって後輩からも人気がありました。

佐野 ちょうど高校生になったタイミングでダンスが必修になって、僕はクラスの中で振り付けをしたり、曲を決めたりするダンスリーダーになったんですけど、それが印象深いですね。ダンス未経験でしたが、身体能力はクラスの中で比較的上の方だったので、「ダンスもできんじゃね?」という流れで任されたんです。そのときに薄れていたダンスへの想いが復活してきました。

浦野 僕は文化祭です。クラスでダンスの出し物をしたんですが、かなり本格的に取り組んでいて、演出や照明にも凝っていました。しっかり深夜まで練習して、衣装も熱心に作って。当日は100人以上が出し物を見てくれて、たくさんの歓声も浴びて気持ち良かったです。

中川 僕も高校の文化祭で、ダンスの出し物をしました。ダンスが上手な女の子の提案でやることになったんですが、そのときに僕が真ん中で踊るパートを任せてもらったんです。当時は目立つことが好きではなくて、端の方で踊っているぐらいが良かったんですが、本番当日、歓声の中に自分の名前を呼ぶ声が聞こえて、恥ずかしかったけど楽しかったんです!あのときの経験がなければ、今の僕はいなかったのかもしれません。