今まで経験したことのないような役で、すべてが新鮮だった

――「金魚妻」のオファーを受けたときのお気持ちを聞かせてください。

篠原 本当に迷いなく、出演したいと思いました。こういうドキドキする作品はなかなか体験できないのでチャレンジしたかったし、こんな形で女性が気になる場所を表現できるのは面白いなと思って即答でした。これはたぶん、観たいと思っている人たちと同じ気持ちだと思います。

――篠原さんが演じたさくらにどんな印象を持たれましたか?

篠原 自分の気持ちを素直に表現できない女性だと思いますが、春斗と出会うことで「こんな自分がいたんだ」と知って、素直に自分を表現できるようになっていく。なおかつそこに本当の強さが隠れている、芯が強い女性だと思いました。さくらを作る上で細かい作業が必要でしたが、「たとえばこういう表現は?」など、監督からアドバイスをいただいたことでいろいろな発見もありました。今まで経験したことのないような役だったこともあって、すべてが新鮮で楽しかったです。

――岩田剛典さん演じる春斗とさくらの関係は、どのようにご覧になりましたか?

篠原 禁断の関係かもしれないけれど純粋で、許されてしまう感覚。私自身も演じながら、これは致し方ないなと思いました。禁断だけど、理由があれば乗り越えられるだろうし、意味もある。こんな形の恋愛もあるのかな、あったらいいな、応援したいなと思いました。

――今回の共演で感じた岩田さんの印象を教えてください。

篠原 初めてお芝居という形で岩田さんとセッションさせていただきましたが、役についてすごく考えている様子が、一緒に演じていて伝わってきました。普段は気さくで気遣いがあって、緊張感をほぐしてくださって、いろんな意味で助けていただきました。お芝居は一人でするものではないし、感情的なものも大きいので、相手・お芝居によってどんどん自分自身が違う色になることもあると思います。そういった部分でも、(春斗が)岩田さんでよかったなと思いました。

――安藤政信さん演じるさくらの夫・卓弥とのシーンは緊張感がありました。現場の雰囲気はいかがでしたか?

篠原 スタッフさんを含め、笑いに満ちた雰囲気ですごく楽しくて、ずっと眉間にしわを寄せて撮っていた訳ではないんです。安藤さんも面白い方で「こんなんでいいのかな?」なんておっしゃっていて(笑)。そのギャップがあるからこそ、本番では力を出せる部分があったのかもしれません。そういう意味でも、安藤さんはとてもプロフェッショナルな方だと思います。