GANG PARADEとGO TO THE BEDS、PARADISESのパフォーマンスの違い

――GO TO THE BEDS、PARADISESとしてのパフォーマンスと、GANG PARADEとしてのパフォーマンスで違いを感じることはありますか?

ココ メンバーの「数」が持つ雰囲気と、ギャンパレの分裂後に入った3人が頑張って食らいついているのを感じました。物理的に違うことが多すぎるし、元PARADISESのメンバーは最近までは4人でライブしていたから、だいぶ違うよね。

メイ ステージがだいぶギチギチです(笑)。4人の時はちょっと間違えても1人分のスペースが広いので、それほどぶつかることはなかったんです。でも10人だと自分の場所をめがけていかないとはじき出される(笑)。

ココ ちょっとのズレも許されないからね(笑)。

ノン 4人だと、場所が4択だったんですよ。空いているところに行けば正解なんですけど、10人だと正解をちゃんと自分で覚えていかないといけないから。

ココ 本当に構成が複雑なんです。人数が少なければ少ないほど融通がきくんですけど、10人だとルートまで決めないと本当に事故が起きる(笑)。GO TO THE BEDのほとんどのメンバーはもともと10人でGANG PARADEとして活動していたけど、ベビだけは大人数は初めてだったよね。どうだった?

ベイビー シンプルに人が多いなって(笑)。私は逆に6人より10人のほうが空いているところが分かりやすい。群れから離れちゃったときのほうが事故りそうだなって思います。

――ココさん、マイカさんは、元々GANG PARADEとして活動されていましたが、再始動後、雰囲気の違いを感じますか?

ココ (カミヤ)サキちゃんが抜けて3人が入ってきて、自分もキャリア的には先輩の立場になっていくので、そういう意味で見える景色が変わった感じがします。加入したばかりの頃はただただ必死で、自分のことしか考えられなかったけど、今はお客さんとの空気感含め、全体を見ている感覚があります。

マイカ トレードを経たことで、一人ひとりが自分の役回りへの自覚が大きくなったかなと思います。ただ、どの時代のGANG PARADEでも軍隊感というか大人数ならではの見せ方だったり、負け犬が這い上っていくみたいな気持ちは変わらないですね。根っこはずっと一緒だけど、メンバーが変わってどんどん進化している感じがします。