5人が感じたVOTE!!WACK SELECT 7

――再始動が発表される前の昨年末には、柏木由紀さんを迎えたイベント「VOTE!! WACK SELECT 7」が開催されました。イベントを終えての感想を教えてください!

ココ GANG PARADEからは10人中5人ランクインしたのに、ここにいるメンバーは誰もランクインしてなくて申し訳ないです(笑)。

メイ 私は30位で、WACKの中でもGANG PARADEの中でも下のほうの順位でした。正直、WACK SELECT7に入れるという自信もあまりなかったです。でも速報を見たときに想像していたよりもたくさん票を入れてくださって。7位までに入れるかどうかは別として、そこを目指さないのは失礼だなと思いました。投票してくれたみんなにこれから行動で恩返ししていきます。本当に感謝してもしきれないです。

マイカ ずっとAKB48さんを好きだったこともあってイベントが決まったときはすごく嬉しかったです。このチャンスは絶対にものにしたかったんですけど、私は普段からファンの人に熱量が伝わりづらいところが課題で。自分の思いや感じていることを、もっと積極的に伝えることが大事だと思いました。イベント自体はすごく楽しかったし、柏木さんと接する機会もあって、カメラに映る仕草とか本当に些細なことまで、学ぶことが多かったです。

ノン イベントでは20位から順位が発表されたので、最初に名前を呼ばれたことにびっくりしちゃって(笑)。動揺していたら同率でチャンベイビーが呼ばれて、それもびっくりしました。投票してくれた人の気持ちや言葉とか、愛の大きさを改めて感じて、それに対して自分がどうやって返していけるかなと考えたし、言葉で伝えなければ何も伝わらないなと分かりました。このときはPARADISESのメンバーとしての参加だったので、グループの4人中2人がランクインしていたことは自分のことのように嬉しかったです。

ベイビー 私も同率で20位だったのはめちゃくちゃびっくりしてステージで躓きました(笑)。順位と名前を呼ばれたときは悔しかったけど、不思議と涙は出てこなかったんです。でもイベントが終わって柏木さんに会ったときに、柏木さんが推しとして私の名前をずっと挙げてくださっていたのに、それをチャンスに変えられなかったことを実感して涙が溢れまくりました。

左からココ・パーティン・ココ、キャ・ノン、キャン・GP・マイカ
左からキラ・メイ、チャンベイビー

――柏木さんとはお話もされたのですか?

ベイビー 私はただ泣いていました(笑)。

ココ 挨拶しに行って、ゆきりんさんの顔を見た瞬間にうえーんって泣き始めて(笑)。

ベイビー 本当は一緒にやりたかったなっていう思いが、柏木さんを目の前にしたら溢れてしまいました。

ココ 私は人生で1番か2番に入るくらい……同じ事務所所属のBiSオーディションの最終審査で落ちたときと同じくらい悔しかったです!

マイカ 急に声ボリュームが5くらい大きくなった(笑)。

ココ よく「順位を付けられるのって嫌だよね?」って言われるんですけど、私にとってはランクインするかしないかの二択だったので、プレッシャーはなかったです。それにこのイベントは一つのお祭りというか。AKB48さんが大好きで総選挙の面白さも知っていたので、柏木さん自身やAKB48のファンのみなさんに、どれだけWACKとのコラボを楽しんでもらえるかが大事だと思っていました。自分が入ったらAKB48のファンの方にも楽しんでもらえるようなアプローチをしたいと思っていたので、それができなかったことに悔しさがあって。自分の課題や弱い部分が分かったのと同時に、ファンの方からの愛を今まで以上に感じることができて、自分のため以上にファンの人に喜んでもらいたいという気持ちが大きくなりました。