自分の経験や記憶を掘り返す作業はしんどいこともある

――基本的に柳田さんが作詞・作曲を担当されているとのことですが、曲作りはどのように進めているのでしょうか?

柳田 曲によってインスピレーションが湧くポイントは変わってきます。たとえば「タイムファクター」だったらイントロにシンセっぽい、ちょっとリズムを刻んでいるような電子音がこっそり入っているのですが、そのサンプルを探すのが趣味だったりするんです。バンドサウンドの楽曲だと、すごくかっこいいリズムループに対して、「俺だったら、このリズムに対してこういうペース、ギターを入れるな」というところからパズルを組み立てて、楽曲の全体像ができあがり、そこに対してメロディ、最後に歌詞を入れるというパターンが多いと思います。バラードはギターやピアノなどの弾き語りからできることが多いです。自分の中の曲作りのパターンはだいたいこの二つ。メロディや歌詞から作ることはほぼなくて、楽曲の全体像から進めていくことがほとんどです。

――楽曲制作において、楽しいこと、苦労したことはありますか?

柳田 「僕だけが失敗作みたいで」という曲は歌モノの楽曲ではあるものの、リズムループから生まれた曲だったりするので、音で遊んでいる感覚に近いです。自分にとって、曲の土台を作る瞬間は遊んでいる感覚ですごく楽しい。ただ、メロディや詞を書くのは、自分の中に潜り込んだり、入り込んだりしてしまう時間なので、幸せでもあり、苦痛でもあります。自分の経験や記憶を掘り返す作業はしんどいことが多いので……。『事象の地平線』で言えば、ポップで温かみのある曲や、すごくハッピーな曲も増えてきましたが、もともと神サイは暗い歌詞が多いんです。それが強みであると同時に、自分の中での苦しみの一つでもある。そういうジレンマを抱えつつ、曲を作っています。

――楽曲作りで苦しんでいるときは他のメンバーに助言を求めることはありますか?

柳田 ドラムの黒川にはメロディのことでよく相談します。特に「夜永唄」「あなただけ」の二曲は、どこを取っても全部がサビに聞こえるぐらい、メロディにこだわりました。「夜永唄」に関しては、Aメロをサビのつもりで作っていて、それをSNSに弾き語りでアップしたら黒川が「これめちゃくちゃいいやん」って言ってくれて。「でも、これはたぶんサビじゃない。これとは別にちゃんとしたサビを作った方がいい」と。「あなただけ」でも、「Aメロからサビに入る瞬間に転調して」など、アドバイスをもらいながら、形にしていきました。(黒川は)やたらとメロディに口出ししてくることが多いです(笑)。でも、そのおかげでいい曲ができています。

――みなさん、柳田さんの作るものを肯定してくれるんですね。

柳田 もともと神サイは「ここがいい」「ここはあんまりだな」というディスカッションはあまりしないんです。先日もデモを送ったんですけど、みんな「ありがとう」しか言わなかったり(笑)。

――吉田さんも、楽曲制作に関しては柳田さんに全幅の信頼を置いているということでしょうか?

吉田 自分が一歩下がっていた方がいいものができることが多かったんです。昔、「これ、微妙じゃないかな?」と思ったことがあったんですけど、いざ形になってみるとめちゃくちゃいいものになっていることがあったので、今は信じて乗っかる方が、良い方向に進んでいく気がしています。サウンド面に脳みそを使っちゃうので、メロディや歌詞は基本信頼しています。

――桐木さんはいかがでしょうか?

桐木 メロディの良しあしは感性の問題というか、好みの世界になるのかなと思っています。音楽的なことはたまに言いますが、メロディラインや歌詞は、柳田がいいと思ったものをやればいいじゃん、という感じです。

柳田 桐木は音楽を聴く上で歌詞に注目したことがないんですよ(笑)。

桐木 神サイの歌詞は聴きますが、他の音楽を聴くときに歌詞は聴かないですね。意識するのではなく、無意識の状態でも入ってきた歌詞が心に響くのかなと思っています。

柳田 もともと僕も桐木と同じでした。今は「神サイで作詞・作曲しています」なんて言っていますが、10代の頃は歌詞を聴く瞬間はなくて、音楽は音として全部入ってきていました。歌もメロディがかっこよければいいと思っていたし、歌詞なんてダサくても成立すると思っていました。でも、Pay money To my painの「Same as you are」という曲を聴いて考えが変わりました。英詞なので、歌詞の意味も分からずにシンプルにカッコいい、という理由だけで聴いていたんですが、僕が大学1年生のとき、ボーカルだったKさんが亡くなったんです。それで、「Kさんはどんな気持ちで『Same as you are』を歌っていたんだろう?」と英詞を和訳してみたら、その当時、自分が恋をしていた女性に対する気持ちとリンクしていて。その時に「言葉でこんなにも人の心を動かせるんだ」と初めて歌詞の重要さに気がつきました。僕が本格的に作詞するようになったターニングポイントでもあります。