高校の学園祭で自分で考えて作った漫才がウケた

――学生時代の進路選択についてお伺いしたいのですが、お二人とも高校生の頃にお笑いコンビを組んだ経験があるとお聞きしました。

内海 僕は高校3年生のときに、ちょうど「M-1甲子園」という高校生向けのお笑い大会が始まって。漫才をやりたいとかはなかったんですけど、新聞で募集を見て出たくなり、中学生の同級生を誘って出ました。

――結果はどうだったんですか?

内海 予選で落ちちゃったんで、そこまでウケていませんでした。決勝へ行けるという変な自信があったので悔しかったです。帰りの電車ではウケなかったのが恥ずかしくて無言でした。だから、その時点では芸人になろうと思わなかったです。当時は夢がコロコロ変わったんですよ。探偵物のアニメを見たら探偵になりたかったし、競馬好きやったからジョッキーになりたかったし。高校3年生のときの夢はシナリオライターだったので、それで大阪芸術大学映像学科に入ったんですが、気づけば落研に入って、芸人をやることになりました。

駒場 僕は小学生の頃から「芸人になりたい」という夢のみでした。ダウンタウンさんが大好きで、テレビ、ビデオだけでなく、本も読みあさってました。「ガキの使い」は録音して、MDに焼いて、それを聴きながら学校に行ってました。高校生のときもずっとそんな感じでしたが、高校3年生の学園祭で、クラスで出し物をしようということになったんです。歌う子、踊る子がいる中で、僕は同じクラスの子と漫才したんですが、それが人前での初めての漫才でした。

――もともと目立つことは好きだったんですか?

駒場 人前で何かをできるようなタイプではなかったですね。それでも学園祭ではウケたんですよ。自分で考えて作ったものがウケてめちゃくちゃ嬉しかったです。

――駒場さんが大阪芸大に進学した理由は?

駒場 僕は横浜の中学・高校に行ってたんですけど、もともと母親が大阪っていうのと、大阪のお笑いが大好きで一番面白いと思ってたんです。だから東京吉本の養成所ではなく、大阪のほうに行きたいと。でも親から、「高校卒業してすぐに養成所に入るのもあれやし、大学には行ったら?」と言われたんです。それで大学は行くけど、大阪に行かせてくれという話で落ち着きました。でも経済学部や法学部があるような普通の大学には興味がなかったし、そこに行ってもしんどいやろなと思って。それならテレビやラジオが作れる放送学科なら、役に立つかなと思って大阪芸大の放送学科を選ばせていただきました。