7人が生み出す至高のエンターテイメント空間

ライブのスタートは記念すべきメジャー1stシングルであり、メンバーも作詞に携わった「雨が始まりの合図」。真田佑馬(Gt.)、森田美勇人(Ba.)、萩谷慧悟(Dr.)、長妻怜央(Key.)による厚みのあるバンド演奏とともに安井謙太郎、諸星翔希、阿部顕嵐の歌声が場内に響き渡る。安井が「スタンドの後ろまで絶対楽しませるからな!」そう叫ぶとともに、開幕から会場全体が彼らの生み出すエンターテイメント空間に飲み込まれていくのが伝わってくる。

阿部が「ラスト、最高の『Date』にしてやるよ!」とシャウトすると、諸星のパワフルなサックスがうなりを上げる「BOW‼」を続けざまに披露。三曲目の「SUMMER様様」では、安井たちメンバーが曲に合わせた振りをステージからレクチャーすると、それに応えるように観客も躍動。さらに会場の空気をまとめ上げていき、「青空と爆弾」でさらにテンションを高めていく。曲中では、モニターに諸星の変顔がズームアップされるなど場内の笑いを誘う場面もあり、メンバーと観客との距離をぐっと引き寄せる。また、今回からツアーグッズとして初めて導入されたペンライトの光も、メンバーと観客との一体感をより強くしているように思えた。