YouTubeチャンネルを始めたきっかけはラジオ番組をやりたいから

司会のスーズ・高見の呼び込みで登壇したニューヨークの2人。周りの芸人たちがまだYouTubeに手を付けていなかった時代から、YouTubeに力を入れていたという話題から始まる。

「なぜYouTubeをスタートさせたのか?」という質問に対して、「一番の理由は自分たちのラジオがやりたかったから」と屋敷は答える。

当時はYouTubeでレギュラー番組のようにラジオを行っている芸人はおらず、なかなか認知されなかったと語り、そのために「ラジオだけじゃなかなか再生数が伸びないから、動画も撮影していったほうがいい」と、徐々にYouTubeのチャンネルとしてアップデートしていったという。

再生数を伸ばすために、「行列の出来るタピオカ店と流行っていないタピオカ店を目隠しの状態で味比べするというYouTuberっぽいこともやってみた」と屋敷が振り返ると、「『これで100万再生数されるぞ』と思ったんですけど、他のYouTuberたちも同じ企画をやっていて、まったく伸びなかった」と、思惑が外れたと嶋佐が語る。

そういった経緯から試行錯誤を繰り返して、「俺たちは芸人なのだから、芸人でないとできないようなことをやるべきではないか」と方向転換していったという。

「街中で芸人の何気ない会話で周りの人を笑わかすことができるか」といった、芸人ならではの企画で手応えを掴み始め、「普通のYouTuberでは出来ないような企画をやり始めてから、再生数が伸びていったんですよね」と屋敷は分析していく。実際に彼らの動画は芸人でも観たくなるような企画が魅力の一つ。

とは言え、街中のいる一般人に声をかけて漫才を披露する「ストリート直営業」という企画は思っていたよりも再生数が伸びず、自分たちの苦労した分が必ずしも再生数に比例するとは限らない。「未だに僕らもコツが掴めておらず、模索しながらですよ」と嶋佐は謙遜気味に語る。