コロナ禍が落ち着いたらメンバーと旅行に行きたい

――これから新生活を迎える方も多い時期だと思うのですが、メンバーのみなさんが新年度に向けてチャレンジしたいと思っていることを教えてください。

柴崎 最近、写真を撮り始めました。絵を描くのも好きなんですけど、いつか自分の作品で個展を開けたらなと思っています。仕事を終えた時のメンバーのオフショットを撮ったり、飼っている猫ちゃんの写真を撮ったり。絵は何かを模写するのではなく、自分の好きなものを自由に描いています。

田中 僕は料理ができるようになりたいです。包丁の使い方から学ばなければいけないレベルで、本当にできないんですよ(笑)。ステイホームの時期に家で何かしようと思い、料理が最初に思いつきました。親がすごく料理好きでこだわりもあるので、いろいろ教わりたいです。自炊も全然していないので、こうやってみんなの前で発表することで頑張りたいなと思います。

古川 僕は趣味が少ないので、続けるというよりはいろいろ試してみたいです。挑戦したことのない釣りをはじめ、アウトドア系もやってみたいなと思うようになりました。ゴルフにも興味があります。二十歳になって考えることもあるので、広く浅くでいいので趣味の幅を広げたいです。

左から柴崎楽、田中洸希、古川穀

飯島 少し始めているのですが、プログラミングです。コロナ禍になってからパソコンを触ることが好きになって。簡単なWebサイトも作り始めていて、自分でイチから作りあげた時の達成感がすごいんです。今までは苦手意識がありましたが、続けていきたいなと思うようになりました。

伊藤 現在進行形ですが、鉄道が好きなので10~15年以内にローカル線も含め、全国全路線に乗ってみたいです。コロナ禍が落ち着いたらメンバーと旅行に行けたらいいなとも思うし、乗ったことのない電車に乗って、食べたことがないものを食べて、会ったことのない人に会って。特に関西のJR、京都・大阪・神戸あたりを走っている新快速は気持ちがいいのでまた乗りたいですね。

池田 僕はおいしいご飯屋さんを探したいです。時期も時期でなかなかご飯屋さん巡りに行けていないので、期待も込めてなんですが、自分の食生活を充実させるためにも、もっとおいしいお店を探したいです。

左から飯島颯、伊藤壮吾、池田彪馬

志村 僕は紅茶が好きなので、資格を取りたいなと思っています。今までほとんど資格を取ったことがないというのもありますけど、好きなことでも資格を持っていればいろいろ説得力も増しますから。検定の中には今の知識量でも取れるようなものもありますが、僕はお店が開けるレベルでの資格の取得を目指しています。

ジャン 映像編集には触れておいた方がいいかなと思っています。映像撮影の時など、表現していくうえでの土台が作れたらもっと伝えやすいのかなと。ありがたいことに映像の知識がある方が周りに多いですし、いつか役に立つ時が来るかなと思っているんです。

松村 僕は文章を書いてみたい。もともと小説など本を読むことが好きで、そこから歌詞のインスピレーションをもらったり、文学的な歌詞を書いてみたいなと思うことも多かったんです。文章を書くことで、文学の何たるかを知ることができたらいいなと思っています。

――好きな作家さんなどはいらっしゃいますか?

松村 普段は純文学をよく読むのですが、その中でも遠藤周作さんの『わたしが・棄てた・女』が好きです。

左から志村玲於、ジャン海渡、松村和哉