露出が増えることで楽曲もイメージしやすくなる

――今回3曲続けてデジタルリリースされるシングルの聴きどころをそれぞれ教えいただきたいのですが、まず『青、その他』についてはいかがでしょうか?

大倉 夏や教室がイメージされている曲で、すごく爽やかな印象の曲になっています。衣装は白と青を基調としたもので、ジャケットでも僕たちの顔を前面に出すことによって楽曲がもっと色づいてイメージもしやすくなっています。応援してくれているファンの方は僕たち自身も応援してくださっているので、こういう形で露出が増えるのはいいことだと思います。

――これまではイラストを使ったイメージが多く、ミステリアスな雰囲気でしたので、大きな変化ですね。

大倉 『結末は次のトラフィックライト』は歌詞にもあるように「行く」「行かない」という二択の世界が、『青、その他』とは別の軸で描かれています。『青、その他』とは違って、まだ何も始まっていない、動き出していない曲。アップテンポでノリやすい曲ですが、歌詞だけを聴くと切ない曲です。

――連続リリースの最後を飾る『キミヲナクシテ』。

杢代 今回の楽曲の中では一番げんじぶらしさが残っていて、歌詞も哲学的で切なくなっています。『青、その他』『結末は次のトラフィックライト』は聴き手にゆだねる部分が多かったのですが、『キミヲナクシテ』は内容がダイレクトに伝わる曲で、3曲のなかで一番ストレートかつ、新しい「げんじぶっぽさ」が込められています。歌割も細かくなっていますね。

大倉 そういうところからも「げんじぶ味」を感じるよね。

杢代 観測者(ファンの呼称)の方にも喜んでもらえるんじゃないかなと思います。

大倉 最初の1サビや2サビに比べて、ラスサビはテンポ感もちょっと変わっているんです。その中で『キミヲナクシテ』の悲しい世界観は、『ネバーエンドロール』(1stアルバム『多世界解釈』収録)を思い出させるような曲になっていると思っています。

杢代 3曲ともそれぞれ違ったエモさがあるよね。今年はエモですね(笑)。

――衣装も透明感がすごいです。この3曲中、ティーンに響くと思う曲を1つ選ぶとしたら?

武藤 卒業シーズンだから『青、その他』かな?

小泉 俺は意外と『結末は次のトラフィックライト』。春が近づいてきた青空の中で聴きたい曲です。「行く」「行かない」、行くという歌詞がちょっとだけ共感できると思うので、オススメです。