違うなと感じたら、また変えればいい

――ブログを書き出したのはいつ頃ですか?

かんころ ヨガの先生を始めたぐらいのタイミングです。少しでも宣伝になればいいなという思いと、文章を書きたい気持ちで始めました。最初は身近な友達やお客さんに向けて書いていて、その日あったことや、お仕事のことを中心に書いていました。

――長年の夢だった本を出すことが叶ったのは、どういう流れがあったのでしょうか?

かんころ 少しずつ私の知らない人がブログを見てくれるようになりました。そうするとコメント欄に相談を書く方が増えてきて、ピックアップして答えていました。恋愛相談も増えてきて、私のブログのおかげで結婚が決まりました、みたいな声もあって、輪が広がっていきました。そんなときに本のオファーがありました。

――かんころさんのお話を聞いていると、あらゆることが糧になって、次のステップに繋がっているなと感じました。最後に進路を検討しているティーンにメッセージやアドバイスをお願いします。

かんころ 学校の先生や親から「進路を決めなさい」と言われても、そんなの思い浮かばないという人がほとんどだと思うんですよね。たとえ、やりたいことがあったとしても、私のように「本を出したい」という大きな枠組みぐらいしか分からないと思うんです。そんなときに、将来の夢が明確で、それに向けて大学選びをしている子を見ると、眩しく感じると思います。でも、学生時代の決断って一生の決断じゃないと思うんですよね。私自身、大学に入った理由は、そこでやりたいことを見つけたいという気持ちが大きかったです。実際に大学に行って違うなと思えば、進路を変えてもいいと思います。何度でもやり直しはできるので、進路選択も一つのピースぐらいに考えればいいんです。道が決まってない人も、ちょっと好きかも、これは嫌いじゃないかもというところから紐解いて、それに近い道を進んでみてください。たとえばテレビの「行列のできる相談所」が好きだから法学部に行ってみようとか、メイクが好きだから美容系の専門学校に行ってみようみたいな選択でいいんです。それで違うなと感じたら、また変えればいい。そうすれば楽しく道を極めていけるんじゃないかなと思います。

Information

『世界一カンタンな自信のつけ方』
好評発売中!

著者:かんころ
定価:本体1,400円+税
発行:株式会社KADOKAWA

ブロガー・作家として活躍中のかんころの4冊目となる新刊は全ページ、マンガ構成でお届けする子どもから大人まで“自分に自信が持てない”、“自己肯定感が低い”、“日々もやもやと悩んでしまうことがある”という方にお届けしたい一冊。著者自身が10年間ブログやノートを書き続けた経験から考案した「自分との対話ツール=マイレターノート」を用いて、「自信のつけ方」を分かりやすく解説。

Amazon

かんころ

ブロガー・作家

株式会社PS project 代表取締役、心理学×恋愛カウンセラー、セミナー講師、Ameba オフィシャルブロガー、オンラインサロン「かんころ編集部」主宰。全国でのセミナー開催、オリジナル手帳の販売、ジュエリーのプロデュースなど多岐にわたる活動を通し、累計1万人以上の悩める女性を救ってきた。「失恋から立ち直って結婚が決まった」「好きな仕事で独立できた」との声が相次ぎ、セミナーは募集開始1分で満席となるなど圧倒的な支持を集める。ヨガインストラクター、チアリーディングコーチを10 年間続けた経験から、独自の実現メソッドを提唱。過去著書に『1週間で自分にぴったりの人に出会って恋して抱きしめられる』『恋トレ』『悩みを幸せに変えるmyletterノート』(いずれもKADOKAWA)がある。

Photographer:Tomoaki Isahai,Interviewer:Takahiro Iguchi