10年間の色んな部分を皆さんにお届けしたい

TEAM SHACHIが4月9日、10日に愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて、10周年の感謝を詰め込んだ、「TEAM SHACHI TOUR 2022 〜猪突!猛進!猛進!猛進!猛進!〜」<名古屋城路上デビュー10周年記念公演>を開催。先日4月7日(木)に名古屋城路上デビューから10周年を迎えたTEAM SHACHIの記念公演として行われた。

会場に、「人間50年 アイドル5年、尾張名古屋にしゃちほこあり」のBGMが響き渡り、チームしゃちほこ時代の出囃子が流れると、初お披露目となる新衣装を身に纏ったメンバーが、タフ民の温かい拍手に迎えられステージセンターから登場。

笛の音を合図に「ごぶれい!しゃちほこでらックス」のイントロが流れると、会場からは思わず大きな拍手が沸き起こった。「トリプルセブン」、「ピザです!」とチームしゃちほこ時代の楽曲3曲を披露し、10周年のメモリアル公演の幕が開けた。

冒頭MCでは、「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」と、TEAM SHACHIのグループスローガンを用いたお決まりの全体挨拶後、秋本から「せっかくだから久しぶりにあれやりますか?」の言葉をきっかけに、約3年ぶりとなるチームしゃちほこ時代の挨拶でメンバーそれぞれが自己紹介を披露すると、会場からは大きな拍手に包まれた。

「今までやってきた10年間の色んな部分を皆さんにお届けしたい!」と本ライブに対する意気込みを伝えた。

続くブロックでもチームしゃちほこ時代の楽曲は続き、「尾張の華」、そして「首都移転計画」「愛の地球祭」「いいくらし」は三部作メドレーとして歌唱。続いて、CBC RADIOのイントロダクションが会場全体に鳴り響くと、大黒と坂本のduetによる「レディオにおねがい」を披露。その後も「Chérie!」、

そして「乙女受験戦争」からはブラス民も登場し、「JUMP MAN」と続けて披露すると会場は一気に熱量に包まれた。

続くMCでは、久しぶりの披露となるチームしゃちほこ時代の楽曲たちに、思わず秋本からは「懐かし!」、咲良からは「このセトリはきついわ!(笑)」と言葉にするシーンも見られ、これまで歩んできた10年の歴史を辿れる記念公演(しゃちほこの日)ならではのセットリストになっていることを改めて伝えた。