思いを文章に書いてから歌詞にしていった

――「独り言」は久保さんが初めて作詞作曲に挑戦した曲ですが、どうして自分で書こうと思ったのでしょうか?

久保 私自身についての曲になっているので、スタッフさんとも話し合ってチャレンジしてみようということになりました。作曲はスタッフさんにアドバイスをいただきながらピアノでメロディーを作っていったんですが、作詞はすごく難しくて、まずは思いを文章にしてから、それを元に少しずつ歌詞にして。言葉をまとめるのが苦手なんですけど、どう表現したら情景が浮かぶかなどをベッドの上で考えながら言葉を綴っていきました。

――自身の心情を赤裸々に綴っているなと感じました。

久保 普段、心の中で思っていることを、独り言としてつぶやいている感覚の歌詞にしましたが、本当にここまで自分を出していいのかなという不安はありました。だからこそレコーディングでも心の底から歌えたのかなと思います。

――1曲の中に多彩な歌唱法が織り込まれていて、難易度の高い曲ではないでしょうか。

久保 初めての作曲だったので、あんまり意識はしていなかったんですけど、いざ歌ってみると難しかったです(笑)。

――自分で作曲したのに難しかったんですね(笑)。アレンジを施された曲は聴いたときはいかがでしたか?

久保 清楚さがあって、なるべくごちゃごちゃしない、つぶやいているような雰囲気を出してくださいとお伝えしたんですが、もともとピアノだけのシンプルな曲に、いろいろな音が加わって、自分の思っていた通りの曲になったと思います。

――これからも作詞作曲は続けていきますか?

久保 自分の気持ちを素直に伝えられるので、どんどんチャレンジしていきたいです。

――久保さんと同世代のティーンに向けて、「独り言」の聴きどころを教えてください。

久保 ポジティブに前へ進むというよりは、自分に言い聞かせるような歌詞になっています。不安だったり、心が辛くなったりしたときに、自分は一人じゃないんだって、感じてくれたら嬉しいです。

――久保さん自身は、どういう曲に共感をしたことがありますか?

久保 傘村トータさんの「贖罪」という曲に救われたというか、歌詞の内容が自分にドンピシャで、聴くと気持ちが楽になります。私は落ち込んだとき、それを人に伝えるのが怖いという気持ちがあるんです。誰かに相談するよりは、「贖罪」などの共感する曲を聴いているほうが、心が落ち着くんですよね。