Contents

1曲目から瞬時にして会場は夏のような熱気に包まれた

10人体制となって初のワンマンライブ。虹コンは2014年の結成以来、めまぐるしく卒業と新加入を繰り返してきたが、2018年からは安定期に入り、長らく不動の12人体制で活動してきた。着実にライブの動員数を増やし、2019年12月30日に念願だったZepp Tokyoでワンマンライブを開催するなど、会場の規模も大きくなっていた。

グループとして勢いが加速していた中でコロナ禍に見舞われたが、オンラインの特性を活かしたライブやイベントを精力的に行うことで存在感を示し、一方でシングルとアルバムもコンスタントにリリース。毎回オリコンウィークリーランキングのトップテン圏内にチャートインさせるなど結果も残してきた。

そんな順風満帆な中でのメンバー卒業に抱いた一抹の不安は、1曲目の「サマーとはキミと私なりっ!!」で完全に吹き飛ばされた。1960年代に数多くのサーフ・ミュージックをヒットチャートに送り出してきたアメリカのザ・ビーチ・ボーイズだが、実際にサーファーだったメンバーは一人しかいなかったというのは有名な話。虹コンも普段はインドアなメンバーが集まっていながら、夏曲の多さはアイドルグループ随一。色とりどりの光が交差する中で、メンバーはステージ全体を使って躍動。声を出せない観客は、力強い手拍子で声援を贈り、瞬時にして会場は夏のような熱気に包まれた。

卒業したメンバーの一人が意味深にフィーチャーされて後半戦へ

めまぐるしい曲展開に合わせて、メンバーがテンポよく掛け合いをする「キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜」。海を遊泳するように、切ないメロディーに身を委ねるメンバーの姿が青春のはかなさを感じさせる「in(door)the Summer」。BPMの速い小気味よいビートをバックに、息の合ったフォーメーションダンスを繰り広げる「愛をこころにサマーと数えよ」。ビースティ・ボーイズを彷彿とさせるエッジのきいたサウンドに、高音のシャウトとユニゾンがひと際映える「THE☆有頂天サマー!!」。原色のライトに照らし出されながら、ギターを弾いているような振付でロック魂を炸裂させる「限りなく冒険に近いサマー」と、前半は自己紹介以外のMCは排して、夏曲で一気に畳みかける。メンバーはもちろん、声を出せない観客も踊りまくり、まだまだ肌寒い4月でありながら、会場は灼熱のビーチと化していく。

2017年4月にリリースしたメジャー第1弾シングルの「✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝」では、歯切れのよいホーンが鳴り響くスピーディーなサウンドに乗せて、緊張感みなぎるマイクリレーが展開。もともと虹コンの主演映画『聖ゾンビ女学院』の主題歌ということもあって、ゾンビのような動きを随所に取り入れた振付と、間奏で繰り広げられる鶴見萌のアジテーションが、それまでの爽やかさから不穏な空気へと一変させる。

前半を締めくくる「さくら色シャワー」ではメンバーが横一列に並んで、観客の一人ひとりに目を合わせるように客席を見渡しながら、“旅立ち”をテーマにした歌詞を切々と歌い上げる。「旅立ちの日は 泣かないでほら 今はさよならだけど いつかあえるよ」というフレーズが、卒業したメンバーにエールを贈っているようで胸に迫るものがある。

ここで一旦メンバーがはけて、巨大スクリーンには、虹コンの歴史を振り返る過去の映像が次々と映し出される。卒業したメンバーの一人が意味深にフィーチャーされて、後半戦に突入した。

新メンバー2名を迎え12名体制に!7月にはミニアルバムリリース&ツアーも決定!

再びステージに登場した虹コンは12人になっていて、こぶしを振り上げながらシリアスな表情で「心臓にメロディー」を歌い上げる。曲が終わった後、リーダーの的場華鈴が「新しい仲間が増えました」と紹介したのは、WILL-O’というアイドルグループに所属していた桐乃みゆと、かつて虹コンで活動していた大塚望由の2人というサプライズ。

桐乃は「みなさんに、虹のコンキスタドールに桐乃みゆが入ってよかったと思ってもらえるように全力で頑張ります」、大塚は「私はメジャーデビューまで虹コンの一員として活動していました。またメンバーと一緒に同じステージでアイドルがしたくて帰ってきました。大好きな虹コンに魂のすべてをぶつけていきたい」と熱く抱負を語り、盛大な拍手で迎えられた。

続いては今年の夏曲となる新曲「世界の中心で虹を叫んだサマー」を初披露。新体制を祝福するかのような幸福感にあふれたアッパーな楽曲で、12人はエネルギッシュにパフォーマンス。清水理子のフェイクが縦横無尽に炸裂する冒頭からテンションを高め、「SUKIでSUKIでSUKIすぎるから」というサビでファンとの一体感を演出する「ずっとサマーで恋してる」。虹コン流ディスコサウンド「パラダイスな片思い」。ベースが唸りまくるグルービーなサウンドに乗せて12人が競い合うようにガンガン踊る「Luv♡Unbalance」とファンキー路線の楽曲を立て続けに披露。

極めつけはヒャダインが作詞作曲を手掛けた食材にリスペクトを捧げた新曲「美味いものファンクラブ」で、ファンクの帝王として今も語り継がれるジェームス・ブラウンさながらのファンクネスとキュートな歌声が絶妙に絡み合い、極上のグルーブを生み出す。

ラストもパーティーチューン「響け!ファンファーレ」でチアダンスのようにエモーショナルなパフォーマンスを繰り広げ、アンコールでは虹コンのオーディションを勝ち抜いたファイナリスト5名も参加して、ライブの定番曲であり、アイドルファンのアンセム曲でもある「トライアングル・ドリーマー」で華々しくフィナーレを迎えた。

新メンバー2人を迎えて新体制となり、7月に新作リリースと全国4か所を巡るツアーを予定している“虹コンの夏”に期待が高まるばかりだ。

この記事の写真(全9枚)

015A8477

Image 1 of 9

Information

結成記念日にAnniversary EP発売決定!
2021年7月14日(水)発売 EP盤
『RAINBOWSUMMER SHOWER』
「虹色=7色」!!結成7周年を記念した【Anniversary “RAINBOW” Year!】がスタート!新メンバー2名を加えて益々大注目の虹のコンキスタドール!夏シングルが定番だった虹コン!今年は新曲7曲入りミニアルバムで夏の到来をおしらせします!

RAINBOWSUMMER SHOWER
初回限定盤(Blu-ray付き)
【CD】
・世界の中心で虹を叫んだサマー
・美味いものファンクラブ
全農タイアップソング第2弾楽曲
他、計7曲収録予定

【Blu-ray】
・「世界の中心で虹を叫んだサマー」MV
・「美味いものファンクラブ」MV
・「虹のコンキスタドール ワンマンLIVE 『RAINBOW PARTY!!』@KT Zepp Yokohama」

通常盤
CD only(初回限定版同内容)

Anniversary SUMMER Tourツアー開催決定!
RAINBOW SUMMER SHOWER TOUR2021
2021年7月10日(土)神奈川県 CLIB CITTA’
2021年7月22日(木・祝)愛知県 DIAMOND HALL
2021年7月31日(土)大阪府 BIG CAT
RAINBOW JAM2021-SUMMER SHOWER-
2021年8月1日(日)東京都 Zepp DiverCity

オフィシャルサイト

虹のコンキスタドール

アイドル

2014年7月結成。自分たちが思う「かわいい!」や「好き!」を追い求めるインドア系・正統派アイドルグループ。通称“虹コン”。自称アイドル界イチ夏曲の多さを誇るも、実は直射日光が苦手な室内派……でも本当はやればできる子。虹コンなりのアツいライブでみんなの心を征服ちゅう!

Text:Takahiro Iguchi