原作は本屋大賞受賞作の傑作小説。名だたるスタッフが集結

5月13日から公開される話題の映画『流浪の月』。2020年本屋大賞を受賞し、一般単行本フィクション・文芸書部門年間ベストセラー第1位に輝いた凪良ゆうによる同名小説が原作となっている。

10歳の時に誘拐事件の被害女児となり、ネガティブなイメージとして広く世間に名前を知られるようになった女性・家内更紗を広瀬すずが、その事件の加害者とされた当時19歳の青年で、現在は地方都市でひっそりと暮らす佐伯文を松坂桃李が演じ、本作のダブル主演を務めている。

また事件から15年経った現在の更紗の恋人・中瀬亮に横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみに多部未華子がキャスティング。その他も実力派俳優たちが共演しており、見応えのあるドラマが展開される。

主人公の更紗と文の非常に稀有な関係性をスクリーンに映し出すのは、デビュー以来、エモーショナルで骨太の作風で観客の心を鷲掴みにしてきた、『悪人』『怒り』などで知られる李相白監督。