ヒップホップ調『BOMBARDA』MVを初公開。田島の“ぶりっこ”なVTR紹介も

イベントは進行し、次はヒップホップ調の曲「BOMBARDA」のMVを現地で初公開。口々にメンバーが「まだ見てない」と話し、VTRへの一言を任されたのは田島。

木村から「面白く、全力のぶりっこでお願いします」と“無茶ぶり”された田島は「絶対スベるね」と前置きしつつ、ジェスチャーを交えながら「お〜い…お茶!『BOMBARDA』どうぞ」とVTRへ誘導した。

MVで、炎の柱に囲まれた工場のような空間で、静と動のメリハリあるリズムに乗せたパフォーマンスを見せる11人。コンビネーションで見せるグループに「わーカッコいい!」「ダンスも中毒性やば」など、さまざまなコメントが寄せられていた。

VTRが明け、メンバーと観客は手を叩き合う。撮影で「鼻の中がみんな真っ黒でしたね」と裏話を語ったのは田島。「工場みたいなところで、めっちゃ空気も悪かったんですよ」と振り返ると、笑い合うメンバーも納得の表情を浮かべていた。

撮影現場では「カップラーメンとか、ドーナツとか色々置いていてくれたじゃん」と話したのは池崎。それをメンバーが持ち帰るという話の後、「(松田)迅なんか帰るとき、両手にデカいビニールを持って」と暴露。普段の行動を明かされた松田は、恥ずかしがりながらも「それこそSDGs(持続可能な開発目標)ですからね。捨てるくらいなら、僕が持ち帰って家で食べます」と返した。

周囲に置かれた炎が「熱かった」という裏話も飛び出し、佐野は「全員で縦一列になるところで一番後ろに俺が並ぶんですけど、そのとき俺はセーターだったし、めっちゃ背中燃えそうになって熱くて」と撮影当時を振り返った。