どの道に行っても楽しむのは自分、自分次第で生き方も変わってくる

――かれんさんはアーティスト、星来さんはモデル・俳優として活躍されていますが、お互いにどのような部分を尊敬していますか?

かれん 星来はまだ慣れないというか、ちょっと恥ずかしがっていたり、変に飾らない感じがイチユーザー目線としてはすごくいいと思います(笑)。もっとカッコつけるのかなって思ってたんですけど、ありのままでいるので安心というか、いいキャラしてるなって。自分を作らず、そのままでいられることってなかなかできないですから。

星来 それはあなたもそうよ。

かれん だから似ているんじゃん。

星来 ウケる(笑)。私は歌が苦手というか、触れてきていないので、そこのリスペクトはもちろんあります。それに姉がいなかったら、たぶん私は今ここにはいないので、そういう部分でもありがたいというか、リスペクトというか、感謝しています……はい(笑)。やっぱり自分にはできないことをやっているので。

かれん それは私も思う。あとは見た目のタイプも全然違うから、すごくやりやすいよね。お互いにバランスをとりやすい。

――また一緒にお仕事をするとしたら、今度はどのようなことをしたいですか?

かれん 私は最近始めたYouTubeに出てもらおうと思っています。私のキャラって誰かにツッコんでもらうほうが活きやすいんです。友だちだとそれがなかなかできないけど、姉妹ってやっぱり強いよね。血が繋がっているんだもん!(笑)。そう思うと一番やりやすいから、たまに出ていただこうかなと思っています。

星来 私はね、2人でCMとか広告がやりたいかな。

かれん わー、それかっこよーい!

星来 思ってないでしょ(笑)。でも姉妹でできたらカッコいいよね。いつかやってみたいです。

――この時期、新しい環境に飛び込む人も多いですが、お2人が新しいことを始めるときに心がけていることはありますか?

かれん 新しい環境って不安もあるじゃないですか。でも人生楽しんだもん勝ちだから、心がけるのは自分が一番楽しいと思う選択を増やすことですかね。新しいことを始めるときもまずは自分がワクワクすることが大事かなと思います。

星来 たとえば留学したいと思ったとして、それを諦めたら絶対後悔するじゃないですか。だから後悔のないような生き方をしてほしいなと思います。どの道に行っても楽しむのは自分ですし、自分次第で生き方も変わってくると思うので。

かれん それ!自分の人生は自分で選択するしかないから。

星来 ビビってちゃダメ、です!

かれん イヤなことはイヤと言って、頑張っていきましょう!

星来 何でも「はい」って言ってちゃダメですよ。本当にダメだよ、みんな!(笑)。

かれん YesもNoも言えるようにならないと。

星来 でもNoも言い過ぎてもダメだけどね。

かれん もちろん。そこは臨機応変にいきましょう。

――では今挑戦してみたいことは?

かれん 始めたばかりのYouTubeとギターを続けることかな。ギターを始めたから爪を短くしているんです。

星来 活動の幅を広げるのはもちろんですが、25歳までに海外に行きたいですね。英語を学びたい。

かれん 私も2025年にアメリカに行こうと思っていて。

星来 連れて行ってよ、一緒に行こう。

かれん 今から言っておけばスケジュールも空けてもらえるはずだから(笑)。

星来 英語だけじゃなくていろんな価値観を知りたいですし、生きる幅を広げたいです。幅が広がれば広がるほど人生が楽しくなるし、悩みなんてちっぽけに感じるんだろうね。

かれん そうだよ。ひとつのことを貫き通すのも大事だけど、どんどん広げるのも大切だよね。

Information

『ちゃんと世界線』
各音楽サービスにて配信中

安斉かれん
1999年8月15日生まれ。神奈川県出身。90年代の音楽業界を描き、Twitter世界トレンドTop3入りした2020年最も話題となったドラマ「M 愛すべき人がいて」にW主演として大抜擢。世界的にも大きな潮流となっているリバイバル・サウンドをいち早く取り入れJ-POPのニュージェネレーションを謳う歌手。2021年9月より7作品連続リリースを開始。

安斉星来
2004年2月17日生まれ。神奈川県出身。高校3年生の夏に『虹とオオカミには騙されない』(AbemaTV)で芸能活動をスタート。モデルとして「東京ガールズコレクション」(TGC)を始め、様々なファッションショーに出演。2021年10月より地上波テレビ番組「超無敵クラス」(日本テレビ系)にレギュラー出演。現在、日本テレビZドラマ第一弾『卒業式に、神谷詩子がいない』出演中。