バリエーションは増やしていきたいし、増えていくことが成長

――ニュー・アルバム『cloud achoo』は全曲新曲ですが、前作『swipe shee
p』以降もハイペースで配信シングルをリリースしているので、旺盛な創作意欲に驚かされました。

Rin音 タイアップも多いので、そうなってくるとテーマや求められているものが決まっているじゃないですか。もちろん制作は楽しいんですけど、普段プライベートで聴いている音楽だったり、音楽以外でもいろいろなことに触れていたりすると、こういう曲を作ってみたいというのが湧いてくるんです。それに周りの意見を何も気にしないで、いい形で出せるのは、やっぱりアルバムなんですよね。

――サブスク全盛の中、シングル前提でアルバムを作るアーティストも多いですが、その辺はどう考えていますか?

Rin音 僕の場合、先にリリースしたシングルが何曲も入っていて、新曲は数曲というアルバムが、あまりうれしくないんです。そう思っていたので、アルバムという形でトータルのテーマを決めて曲を作るんだったら、全曲新曲のほうが聴きごたえがあるかなと考えました。

――『snow jam』以降にリリースしたシングルを中心にしたベスト的なアルバムは考えなかったのですか?

Rin音 僕の住んでいる福岡だと、車の中で配信サービスを聴いている人も多いので、価値はあるかなって思うんです。でも、配信サービス上で見たときに、新曲じゃない曲が入っているのは僕らしくないなと。すでに聴ける曲ですし、アルバムに収録して変わるものでもないから考えなかったですね。

――『cloud achoo』もそうですが、Rin音さんの音楽はヒップホップの枠にとらわれない自由さに溢れていて、様々なジャンルの要素が取り込まれています。

Rin音 そもそも自分の曲調や、自分のやることを縛るというのが、あまり好きじゃないんです。だから、イメージが限定されるような発言もしないようにしています。確かに僕は福岡でヒップホップカルチャーに出合わなかったら、音楽を始めてなかったと思います。でも一つの音楽だけをやり続けるというのは自分に向いてないので、バリエーションは増やしていきたいですし、増えていくことが成長だと捉えています。

――Rin音さんは楽曲制作する上で、それほど機材にこだわりがないそうですね。

Rin音 高い機材を買っても使いこなせないんですよね。ある程度のところまでいっちゃうと、玄人なら聴いて判断できるけどいっかみたいな。もちろん質を高めることは重要ですけど、自分が納得する曲にならない限り、そこを追求してもしょうがないので別のプロに任せて、僕は自分の伸びしろを磨きたいなって。

――音楽のバリエーションは着実に広がっていますが、どういうところからインスパイアを受けるのでしょうか。

Rin音 音楽を聴く頻度でいうと、多分高くないほうだと思うんです。ゲームも大好きですし、映画も面白いし、いろんなものに触れることが自然と多くなって、そこから吸収していくのかなと。音楽にしても特定のジャンルやアーティストを好むというよりは、配信サービスなどで聴いたときに「好きだな」と思った曲を保存しておくような聴き方なんです。