現役ホストに所作や接客の仕方などを教えてもらった

――お二人は「明日カノ」で初めてのホスト役を演じます。同じホストクラブで働くホストですが、それぞれどんなキャラクターなのでしょうか?

藤原 僕の演じるハルヒは、ホストクラブが大好きな優愛(齊藤なぎさ)に色恋営業をする売れっ子ホストで、オラオラというか、かなり強気のタイプ。でも、どこか脇の甘い部分もあります。

高野 僕の演じる楓は、ハルヒとは対照的に人当たりが良くて、気遣いのあるホストです。優愛に連れられて初めてホストクラブに来た萌(箭内夢菜)の席について、丁寧な接客をしますが、その優しさが本当なのかどうか……という感じです。

――今日のスーツ姿は売れっ子ホストのようなオーラが漂っていますが、演じるにあたって役作りはどうしましたか?

藤原 ホスト役を演じる役者さんを集めて、所作指導みたいなのがあったんです。そこで実際にホストをしている方に、所作や接客の仕方などを教えていただきました。

高野 ホストの方は撮影の空き時間にも、細かいことを教えてくれたので、いろいろ勉強になりましたね。

藤原 ホストにちゃらちゃらしたイメージを持つ人もいるかもしれませんが、上下関係がしっかりしていて、すごく厳しい世界なんだなというのも知ることができました。

――最後にお二人が出演する「ホスト編」の見どころを教えてください。

藤原 「明日カノ」ではレンタル彼女、パパ活、整形、そしてホストにハマった女性と、なかなか表立っては知ることのできない現実が描かれています。そうした世界を自分なりに考えて演じたので、ぜひハルヒと優愛との関係を楽しみにして見てください。

高野 「明日カノ」の原作マンガを読んだとき、自分には縁のない世界だったので衝撃を受けましたし、その作品で役を演じさせていただけて楽しかったです。主人公の女性5人は、それぞれ違うタイプですが、誰かには共感を得るかもしれないので、そういう視点で観ても面白いのかなと思います。

Information

「明日、私は誰かのカノジョ」
MBS毎週火曜24:59〜、TBS毎週火曜25:28〜に「ドラマイズム」にて放送中!

吉川愛 横田真悠 齊藤なぎさ(=LOVE) 箭内夢菜
楽駆 井上想良 ゆうたろう 福山翔大 藤原樹(THE RAMPAGE) 高野洸
宇垣美里 ほか

誰かの彼女になるレンタル彼女として日々お金を稼ぐ「雪」。埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす「リナ」。見た目に固執し、整形を繰り返す30代女子「彩」。周りに流されず、“自分”を持っていると語る「萌」。自由を求め上京し、夜の街で“今”を生きる「ゆあ」。様々な思いを持つ5人の女性たちが各章で主人公となり物語が進む。それぞれにコンプレックスや悩みを抱え、もがきながらもそれを克服しようとした先にあるものとは─。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

藤原樹

アーティスト・俳優

1997年10月20日生まれ。福岡県出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー。2017年1月25日、1st SINGLE「Lightning」でメジャーデビュー。昨年、単独東京ドーム公演を成功し、現在はTHE RAMPAGE LIVE TOUR 2022 “RAY OF LIGHT”開催中。アーティスト活動と並行して、演技にも挑戦しており、2022年9月9日全国ロードショー「HiGH&LOW THE WORST X」にも出演。2021年11月には、本人の出身地である福岡県北九州市の観光大使に就任。グループのなかでも猫好きとして知られ、本人も猫を飼っている。

高野洸

アーティスト・俳優

1997年7月22日生まれ。福岡県出身。2009年、NHK教育の人気番組「天才てれびくんMAX」全国オーディションを開催。ダンスや歌が得意な男女を募集し多数応募があった中から選りすぐりの5名でDream5構成。2009年11月「I don‘t obey~僕らのプライド~」でCDデビュー。妖怪ウォッチ「ようかい体操第一」エンディング曲では「第65回NHK紅白歌合戦」や「日本レコード大賞」などに出演。2016年、Dream5活動終了後、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』や、ミュージカル「ROCK MUSICAL BLEACH」主演を務める他、2017年にはミュージカル「『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~ 」では膝丸役として出演するなど、俳優として活動。2019年1月にはソロでは2022年6月8日に2ndアルバム『2LDK』(ニーエルディーケー)をリリース。2022年6月25日より 仙台、福岡、大阪、名古屋、東京の全5都市で、2ndツアー「2nd Live Tour”AT CITY”」の開催を予定するなどアーティスト活動も積極的に行っている。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi