ネガティブなことも前進する力に変えていける

パフォーマンスは、しっとりとした「Love or like (Tokyo)」へ。ステージ上のスクリーンでは日本語をはじめ、各国の言葉で書かれた「東京」の文字が並び、曲中では、ジャンと田中が甘い視線で見つめ合った。

落ち着きあるナンバー「Don’t Let Me Down」では、古川らヴォーカル陣が澄んだ歌声をステージ上で響かせ、田中はラップで曲にアクセントを加える。ピアノのイントロで始まる「Remedy For Love」に続き、冒頭、ステージにただ1人立つジャンがうつろげな目でラップを繰り広げた「2U」で、会場の空気感も変化。緑、赤のスポットがステージから客席へと伸び、妖しげなメロディが響き渡る。

志村、飯島、伊藤、柴崎がインストゥルメンタルのBGMに乗せてキレのあるダンスで魅了し、流れるように「Purpln Moon」へと続く。心と体が勝手に動き出すようなリズミカルな1曲で、スクリーンに映るMV映像と現実のメンバーの動きがシンクロする。

重々しいイントロでスタートする「LRL -Left Right Left」で空気は一変。ステージ上のメンバーは「お前ら行くよ!」と客席へ持ちかけ、その声につられた観客も、ペンライトを勢いよく振りレスポンスを返す。

MCで息の上がったメンバーの姿が、パフォーマンスの激しさを物語る。4thアルバム『Force to Forth』を引っさげたツアー千秋楽で「このツアーを終えて、やっと『Force to Forth』というアルバムが、もうすぐ完成するんだなという気持ちですね」と松村がつぶやくとと観客からは拍手が。

メンバーが作詞にも挑戦した4thアルバムにまつわる思いとして「自分の吐いた言葉って、自分の助けになるなって思う瞬間が本当に最近いっぱいあって」と語り始めた松村は「SUPER★DRAGONとしてやっていく中で、やっぱりすべてが上手くいくはずないんですよ。もしかしたら何かを失わないといけない瞬間もあるかもしれないんですよ」と吐露。「でも、そうなったとしても9人がちゃんといて、“BLUE”のみんながいてくれれば『SUPER★DRAGONなくなんねえんだろうな』と直感があって。そんなネガティブなことも前進する力に変えていけるんじゃないかって、すごく思って。なぜなら、今があるのは変わらないためなんですよ」と、ファンに向けて語りかけた。