終盤に向かってボルテージがさらに加速

ステージもいよいよ終盤戦に。暗転したステージに紅のスポットライトが灯り、スタートしたナンバーは「X」。彩り豊かなヴォーカルと地を這うようなラップが交錯し、スポットライトのまたたきと共にパフォーマンスも加速する。

雷の音が場内に響いた「Welcome to my hell」で、冴え渡るのは松村のラップ。激しく点滅するスポットライトがステージを染め、静と動のメリハリが効いたパフォーマンスで観客を魅了する。真っ赤な光に照らされたステージで披露した「Set It Off」の曲中では、ジャンが挑発的な視線を客席へ向け、リズムに合わせて観客のペンライトも小刻みに揺れる。

重厚な「Shut up,Shout out」では、冒頭で「オーライ、ラストスパート。お前ら盛り上がっていけるかぁ! オーライ、頑張って騒ごうぜ!」とジャンが鼓舞。続く「Dragonfly」では共にタオルを振るステージ上のメンバーと観客たちがシンクロする。

松村が「最高だ。Zepp DiverCity、まだまだぶちあがっていこうぜ! ぶちあがっていこうぜ!」と煽ってスタートした「Untouchable Max」では地鳴りのようなギターサウンドが会場を揺らし、メンバーはファンに向けて「そんなもんかお前ら! もっと行けるだろ」と、さらに挑発する。

楽しそうにパフォーマンスを繰り広げるメンバーの表情も目立った「Bad Day」では、「最後にこの会場で一体となって踊りましょう」のかけ声をきっかけに一体感も増幅。天井のミラーボールがステージや客席を照らしたスローバラード「Tweedia」では、横一線に並んだグループが客席を見つめながら手を振ると、観客もメンバーの動きにつられてシンクロ。結束力や決意を感じさせるナンバーで、本編を締めくくった。