YouTubeは外に出るための手段でしかない

──進路のことについてお伺いします。現在のやまとさんはYouTuberとして活躍していますが、大学時代は外交官を目指したこともあったのだとか。これまでのキャリアについて教えていただけますか。

コムドット 外交官を目指すのをやめた理由は、自分の意思決定で物事が動かないことがすごくストレスだったんです。ひとつの大きなプロジェクトを、話し合いを重ねて、方向性を決め、みんなで達成していく。そういったプロセスに僕自身はやりがいを感じにくいなと。それで起業したいと考えたとき、YouTubeに出会ったんです。とりあえず始めてみて、もし向いていないと感じたら速攻でやめていたと思うんです。僕にとってYouTubeは外に出るための手段でしかないので。YouTubeが向いているんじゃないかと手応えを感じたのは、自分がやったことに対するフィードバックが瞬間で得られるところだったんです。

──リアクションがすぐ返ってくるところが大きかったんですね。

やまと その点は外交官と真逆です。自分がやったことに対してのリアクションがあって、それもはっきりとした数字で可視化されて。その数字を積み重ねていくことで成果が出るというところが僕にとってすごく魅力的だったし、性格的にも向いていました。

──たとえばプロ野球選手になる人は、子どもの頃から野球がずっと好きだったと思うんです。プロの歌手も同様ですよね。やまとさんは熱心なYouTube視聴者ではなかったんですか?

やまと YouTubeは全然見ていなかったです。ただ、友達がYouTuberだったんですよ。コムドットのメンバー・あむぎりのことなんですけど。高校2年生くらいのときからやっていたんじゃないかな。そういう姿を見ていたものだから、「YouTuberになるのは難しい」というイメージはまったくなかったです。むしろ「こいつでもやっているんだから楽勝だろ」みたいな感覚(笑)。それに僕自身も昔から目立ちたがり屋だったから、「YouTuberになってカッコいい感じで売れて、キャーキャー言われたら、めっちゃ楽しそうじゃね?」みたいなことを友達と話していました。本当にノリだけですよね。

──「今だとこういうのがバズるらしいよ」とか、そういった模倣もしなかったのですか?

やまと 最初の頃は自分たちのオリジナルのスタイルで売れるって思っていたんです。だけど、それだと全然売れなかった。登録者数が伸びなかった。だから、ある時点で他の人の動画も参考にするようにして、徐々に自分たちのオリジナリティを獲得していきました。

──その話は示唆的ですね。最初からオリジナリティのあるものを目指すよりも、模倣から入ったほうが独自の表現や個性が生まれるのかもしれません。

やまと バスケのフォームを想像したら、イメージしやすいかもしれない。もし誰のシュートも見たことがない人がいたら、シュートなんて打ちようがないじゃないですか。多くの人は誰かがシュートを打っている姿を見て、「あのフォームはいいな」と感じ、それを真似していく訳です。自分にハマったら自分のフォームになって、ハマらなかったら別の人を参考にしながら自分のオリジナルを作っていく。「模倣を繰り返した先に個性がある」というのが僕の考え方です。