Contents

運命の巡りあわせや、その時々の選択で今の自分がある

――改めてスパガ(SUPER☆GiRLS)の卒業を決めた理由を教えてください。

渡邉 2019年1月11日からスパガの第4章が始まり、今のメンバーと一緒にやってきて、私のほうが頼ってしまうぐらい後輩のみんなが成長しました。ステージに立っている姿やライブ映像を見ても、すごくキラキラしているので、新しいスパガを見てみたくなったし、新世代のスパガは、もっと良くなっていくんじゃないかと思えたので、卒業のタイミングなのかなと考えました。

――それまでも卒業を考えたことはありましたか?

渡邉 第3章の終わりとともに5人のメンバーが卒業しました。そのときに私もスタッフさんへ相談させてもらいました。ただ新たに4期の子たちが7人加入したので、3期のメンバーもプレッシャーを感じるだろうなと同時に思いました。当時は3期の子たちも加入して2年半ぐらいでしたからね。改めて考えなおして、私が少しでも力になれればいいなと思ってグループに残ることにしました。

――昨年はコロナ禍で今までのような活動はできなかったですが、それが卒業を考えるきっかけにもなりましたか?

渡邉 そうですね。自粛期間があって、アイドル人生で、これほど長く休んだ期間はなかったので、自分と向き合う時間ができました。ふと自分はこれからどうしていきたいのかと将来を考えたときに、次のステップに進もうと思いました。本来だったら、もっとファンのみなさんに直接会って、一緒に楽しい時間を過ごしたかったですし、今の体制でツアーをしたことがなかったので、それが心残りです。

――アイドル人生というワードが出ましたが、渡邉さんは小学3年生で芸能活動を始めています。

渡邉 最初は、モデルになりたいとか、ドラマに出たいとか、そういう思いで地元の仙台で活動をしていました。歌とダンスのレッスンを受けさせてもらっていくうちに歌って踊るのが楽しくなって。初めてのステージは住宅展示場で、お客さんは出演する子たちのお父さんお母さんがほとんどでした。ステージの楽しさを感じていくうちに、どんどんアイドルという職業にハマっていきました。

――スパガに加入するまでいくつかのグループを経験されています。

渡邉 正直、小学6年生になるタイミングや、中学3年生になるタイミングなど、節目節目で芸能を辞めようと考えていたんです。そのたびに新グループの結成とか、素敵な曲と出会うなど、不思議な巡りあわせでチャンスをいただけて、今もこうして続けてこられました。私はスパガの1期生となる2010年のオーディションも受けていて、そのときは落ちているんです。もしかして、そのときに受かっていたら、今ここにいないかもしれません。一つひとつの運命の巡りあわせや、その時々の選択で、今の自分がありますし、こうして歩んできた道は間違っていなかったと思います。

――学校生活を楽しみたかった気持ちはありましたか?

渡邉 ひたすらがむしゃらにやってきたので、羨ましいなと思いつつも、そこに対しての執着はなかったです。ただ学生のうちにスクールラブを経験したかったです(笑)。

――学校の行事には参加できていましたか?

渡邉 基本的には参加できていたんですけど、途中で早退することが多かったです。高校時代、1泊2日の野外活動があったんですけど、2日目にお仕事が入っていて、わざわざお母さんが迎えに来てくれたんです。家族の支えもあったからこそ、学生時代の思い出も作れて感謝ですね。

――家族はアイドル活動に賛成だったんですか?

渡邉 みんな応援してくれています。ただお兄ちゃんだけ一度も私のライブを見たことがなくて。恥ずかしさもあってか「興味ないから」って言うんですけど、卒業ライブだけは絶対に来てほしいです。

――高校時代、特に学校で印象に残っている思い出はありますか?

渡邉 学園祭です。私は女子高だったんですけど、屋台を出したり、ビラを配ったり、みんなで作り上げていくのがすごく楽しかったです。

――どうして女子高を選んだんですか?

渡邉 宮城県で芸能活動をできる学校が少なくて、その高校には自分の先輩にあたる方々も通っていたので選びました。ただ高校2年生からはスパガ加入のタイミングで上京したので、別の高校に編入しました。

――女子高ならではの良さってありましたか?

渡邉 女子だけだと、意外に女子問題って起きないんですよ。たぶん異性が混じったほうが、そういうゴタゴタって起きやすいと思います(笑)。男性からすると女子高ってきれいなイメージがあるかもしれませんが、意外とサバサバした子が多くて、休み時間に他愛もないことで騒いで、そういう時間が楽しかったです。

――高校時代に東京で一人暮らしを開始されます。

渡邉 最初は友達もいないですし、すぐにメンバーと溶け込めなかったので、ホームシックになりました。お金も全然なくて、仕事帰りに近所のスーパーに寄って、一番安いパンを買って(笑)。あまりにも寂しくて、よく夜行バスで地元に帰っていたんですけど、事務所の方に「帰りすぎ」って言われていました。同じエイベックスの他のアイドルグループとの交流もあったので、友達の幅も広がって、徐々に東京での生活も楽しくなりました。

この先も歌い継いでいってほしい“はじまり”の卒業ソング

――渡邉さんにとってラストシングルとなる「はじまりエール」は、制作段階から深く関わられたそうですね。

渡邉 卒業するにあたって、これまでを振り返ってどう思うか、今どう感じているのかを文章に起こして、作詞家のLitzさんにお送りしました。私の文章からワードをセレクトいただき、歌詞にも取り入れていただきました。

――完成した曲を聴いたときはどう感じましたか?

渡邉 Litzさんは私がスパガに入って初めての新曲「花道!!ア〜ンビシャス」から、ずっと私の節目に曲を書いてくださっていて、曲と一緒にメッセージも届いたんです。「ここまでよく頑張ったね」と労いの言葉が詰まっていて、それを読んだ後に曲を聴いたので泣きました。たとえば「泣き空だった 飽きれ傘だった」という詞には、長くアイドルをやってきた中で、いろんな涙を流しながら頑張ってきたねという意味が込められています。私の想いにプラスして、素敵な言葉をいっぱい乗せて曲を作ってくださって、すごく感動しました。

――卒業ソングですがウェットさはなくて、とてもポジティブな曲ですよね。

渡邉 楽曲はデモの段階から選ばせていただいたのですが、卒業ソングってしんみりしたり、寂しい気持ちになったりする曲が多いじゃないですか。特にアイドルの卒業ソングは、そのメンバーが卒業すると歌われなくなる確率が高いと思うんです。せっかく作っていただいた曲だから、形を変えて、ずっと愛される曲として残っていってほしい。そういう想いからアップテンポの曲を選ばせていただきました。卒業の曲であり、はじまりの曲でもあるので、新生活を始めた人の背中を押す曲にもなっています。今は私がメインで冒頭から歌っていますが、ユニゾンで歌ったら、また違う曲に聴こえると思います。新しいスパガで歌割りを変えて、ずっと歌い継がれていくと嬉しいです。

――カップリング曲の「Bloom」は渡邉さん自身が作詞を担当されています。

渡邉 昨年、スパガは結成10周年を迎えたんですけど、そのときに私が作詞、かなぽん(坂林佳奈)が作曲で曲を作ってみないかとスタッフさんから提案していただきました。ずっと作詞に興味があったので、そんな機会をいただけたのが嬉しくて書かせていただきました。スパガには感謝を伝える曲はあるんですけど、メンバーへの想いを歌った曲がなかったので、それをテーマに作詞しました。同じメンバーだからこそ届けられる想いがありますからね。

――作詞はスムーズにできたんですか?

渡邉 書き始めたのはいいものの、めちゃめちゃ難しくて。伝えたいことはたくさんあるのに、なかなかいい言葉が見つからなかったです。昨年12月に初披露だったんですが、11月末まで悩み続けていました(笑)。その甲斐あって、自分たちの想いをしっかり伝えられる曲になったと思いますし、ギリギリまで粘ってよかったです。

――詞と曲はどちらが先にあったんですか?

渡邉 曲が先にありました。2人で曲を作ると決まってから早い段階で、かなぽんから「できたでー」って曲が送られてきたんです。かなぽんが作曲できると知ってはいたんですけど、完成した曲が届くとすごくいい曲で改めて尊敬しました。だからこそ、いい歌詞を乗せて、いい曲を作りたいって思いました。

――曲を作った段階では、卒業シングルに収録されることは決まってはいなかったんですね。

渡邉 この曲をCDに収録していただけるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです。結果的に「はじまりエール」と歌詞がリンクしている部分もあって、どちらも思い入れの深い曲になりました。

――最後に読者のティーンにメッセージをお願いします。

渡邉 私の場合、ちっちゃい頃からやりたいことが明確にあったんですけど、将来を決めるのって消去法でもいいかなと思うんです。やりたくないことを先に消していって、残ったものを継続することが自分の力になるのかなと。私も長くアイドル活動を続けてきたからこそ、いろんな学びを得て、人としても成長させてもらいました。難しく考えすぎずに、好きなことを続けることが大切ではないでしょうか。

――渡邉さん自身、グループ卒業後は新しい生活が待っていますね。

渡邉 そう考えると私も受験や就職を控えた方たちと同じ気持ちかもしれないです。この先どうするのか不安もあるんですけど、新しいことにチャレンジする楽しみな気持ちも大きいです。私も一から勉強して次の道に進むので、一緒に頑張りましょう。

Information

SUPER☆GiRLS
26thシングル
『はじまりエール』
発売中

【収録曲】
01 はじまりエール
02 Bloom
03 はじまりエール Instrumental
04 Bloom Instrumental

価格: CD+Blu-ray 2,200円(税込) CDシングル1,200円(税込)
発売元:iDOL Street

●SUPER☆GiRLS ライブ情報

公演日:2021年6月12日(土)
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)
(東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ)

■1部 SUPER☆GiRLS 11th Anniversary ~Cha11enge~
開場 13:30/開演 14:15

■2部 SUPER☆GiRLS 渡邉幸愛卒業ライブ ~Happy Love Bloom~
開場 17:30/開演 18:15

渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)

アイドル

2010年エイベックス初の大規模なアイドルオーディション「avexアイドルオーディション2010」開催。全国7000名の応募から選ばれた12名が合格し、2010年6月12日「SUPER☆GiRLS」が誕生。2010年12月22日新レーベル「iDOLStreet」第1弾としてアルバム『超絶少女』でメジャーデビュー。2011年「第53回輝く!日本レコード大賞」新人賞獲得。2011年10月 3rdシングル『女子力←パラダイス』でオリコンデイリー1位獲得。ウイークリー2位獲得。2018年7月1日より、初めて一般公募による追加メンバーオーディションとなる「SUPER☆GiRLS超オーディション!!!!」を開催。2018年12月19日、デビュー8周年記念ライブステージで登壇・お披露目し新メンバーを加え、SUPER☆GiRLSは第4章をスタートさせた。2020年12月23日、初のオールタイムベストアルバム『超絶少女☆COMPLETE 2010~2020』をリリース。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi