先輩・水樹奈々のVTR出演に感謝。変幻自在のパフォーマンスで客席を魅了

メガネをかけた上坂が物語を朗読するストーリー仕立てのVTRでは、所属レーベルであるキングレコードの大先輩アーティストである水樹奈々がゲスト出演。「行ってらっしゃい!」と水樹にうながされる寸劇を繰り広げたVTRが明けると、光が灯るステージに頭にティアラを飾り、真っ白なドレススタイルの衣装にチェンジした上坂が登場した。

ガーリーなナンバー「ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡」ではキュートな笑顔を浮かべ、続く「眠れない魔物」では、しっとりとしたメロディに合わせて、曲中で拳を掲げながら力強い歌声を響かせる。次の「恋する図形(cubic futurismo)」では、キュートさと艶やかさを併せ持つかのようなパフォーマンスで客席を魅了した。

MCでは、衣装を見せつけるかのようにステージ中央で華麗なターンを披露。VTR出演した水樹にも話題が及び「幕間映像に、水樹奈々さんに出ていただきました」と上坂が説明すると、観客からは盛大な拍手が。「もう、水樹さんを呼んじゃったら、幕間映像は今後打ち切り」と笑いを誘い「まさか出ていただけるとは」と感動を伝えた。

軽快なトーク明けのパフォーマンスは「ドロップス」から。暗がりのステージにキャンドルライトが灯る中で落ち着いた歌声を響かせ、「ノーフューチャーバカンス」ではしっとりとした表情に。続く「哀愁Fakeハネムーン」では、やさしくささやくような歌声から力強い歌声に変化させ、情熱的に歌い上げた。

水樹との“筋トレ”対決も繰り広げたVTRが明け、ステージは後半戦へ突入する。“ヒャダイン”こと前山田健一が手がけたことも話題を集めた「生活こんきゅーダメディネロ」のイントロに合わせて、ポニーテールのヘアスタイルで、赤と黒を基調とした衣装をまとった上坂が登場。展開がめまぐるしくハイスピードなナンバーを、ステージを目一杯使いながらパワフルに歌い上げた。

流れるようにスタートした「ものどもの宴」では、上坂が腕を力強く振り続けると、客席のペンライトも激しく揺れる。「夜勤の戦士のテーマ」では、パフォーマンス前の“事前練習”により、サビの場面でステージと客席の動きがシンクロ。「踊れ!きゅーきょく哲学」に続き「夢みるメイドガール(BAND inst)」でバンドメンバーの紹介を挟み、本編のラストナンバー「革命的ブロードウェイ主義者同盟」では鋭い視線を客席へ浴びせ、ステージ上段に立ち拡声器を使った“口上”で“同志”たちを鼓舞した。