YouTuberをテーマに選んだ理由

――本作はYouTubeやYouTuberをモチーフにした作品ですが、興味を持ったきっかけというのはありますか?

𠮷田恵輔(以降、𠮷田) 最初は「見返りを求める男と、恩を仇で返す女」というテーマで、その二人の関係性を描きたいと思いました。会社員の上司と部下とか、接点は何だって良かったんだけど、ちょっと面白い設定ないかなと考えた時に、YouTuberにしたら、二人の喧嘩を世界に発信できるなと思って。オーディエンスが作れるな、と。そういう理由でYouTuberを扱っているうちに、「俺はYouTubeのことをどう思ってんだろうと?」とかも含めて、色々なことがテーマとしてどんどん浮き彫りになっていった感じです。

――これまでYouTube、YouTuberのことをどうとらえていましたか?

𠮷田 昔はちょっと下に見ていた部分もあると思います。新しいカルチャーが出てきた時に、保守的な人間からすると、「認めたくない」みたいな。でも歴史上、映画も含めて、新しいコンテンツが出てきた時はずっとそう言われていたわけですよね。映画に音が付いた時だけで、「音なんかいらない。あんなの映画じゃない」みたいな声があったわけで。そういう時代を経て今があるんだから、新しいコンテンツに対しては、自分がやっているものと違うとしても、いいところは認めて取り入れちゃうぐらいの気持ちがないとダメだよなと思って。最近はもうYouTubeばっかり見ていますね。テレビよりもYouTube。

――どんな動画をご覧になっているんですか。

𠮷田 うーん、株とか、あと税金。話の上手い税理士がやってる節税のノウハウみたいなもんとか、あと楽天ポイントカードのポイントアップとか、主婦が見て喜びそうなものばかり。

――映画の中でゆりちゃん(岸井ゆきの)がやっていたような、チャレンジ系のYouTubeチャンネルはあまりご覧にならない?

𠮷田 そうですね。水溜りボンドさんとかいわゆるタレントっぽい人とか、あとカップルものは撮影のリサーチのために見ました。でも、自分が興味あるのはさっき挙げた様なハウツーものですね。

――本作の撮影を通して、YouTube、TouTuber感に変化はありましたか?

𠮷田 YouTubeを扱ってみて、今TikTokがバズる理由が分かると思った。YouTuberをやるのってめっちゃ大変ですよね。TikTokはノリでもいいじゃん。そんな難しい編集技術も必要無く、アプリをダウンロードすれば始められる。結構YouTubeって、ちゃんとテロップを入れたり、音楽をつけてコラボして…とかやることがたくさんあって、毎日配信している人がいかにすごいかって分かったんです。

――この作品の中でも、人気MVの再現とかすごく時間をかけて動画を作っている様が描かれていますよね。

𠮷田 だけど、センスがないとその苦労が実らないじゃない。「残酷だな」と思いながら。YouTubeを続けていて、ずっと人気の人ってものすごいと思います。