学生時代の経験で今の活動に活きていること

――アルバムから10代におすすめする曲を挙げていただけますか?

中井 登下校時に聴くとハマるいい曲ばっかりなんですよ。

本間 「青春時計」とかね。

中井 「世界はどこまで青空なのか?」とか「シャーベットピンク」もそう。学校に行くときに聴いたら上がると思う。「みどりと森の運動公園」もいいと思うな。あと、私がプロデュースしたユニット、CloudyCloudyの初楽曲「はっきり言って欲しい」がアルバムのTYPE-Aに、新曲の「片想いのままじゃ終われない」が劇場盤にそれぞれ収録されていて、どちらも恋を応援する、女の子の味方になれるような曲になってます。

本間 TYPE-Bに私の初めてのソロ曲「好きなんて…」が収録されています。好きっていう気持ちを伝えずに最高の友達のままでいたいという歌詞で、柔らかいメロディーが心にじんわりくるので、それこそ10代20代だったらフィットする方もいらっしゃるんじゃないかなって思います。

――リアルティーンエイジャーの小越さんから10代におすすめする曲は?

小越 「ポンコツな君が好きだ」は、すごく励まされます。10代全員がポンコツな訳ではないと思いますが、ポンコツな人には響くと思います(笑)。あと、私は参加してないんですけど、TYPE-Aに収録されている「踵を鳴らせ!」が、バスケットボールチームの新潟アルビレックスBBさんの応援ソングなんです。笛の音が入ってたり、明るくて気分を盛り上げてくれる感じの楽曲で、いつでも元気が出せるんじゃないかと思います。

――ここからは学生時代にやっていたことが、今すごく役立っているというエピソードを聞かせてください。

中井 バイトですね。社会経験をしないままアイドルになっていたら、私はここまで活動できてなかったと思います。バイトを4つぐらい掛け持ちしてて、そのうちの2つは高校生にしてバイトリーダーでした(笑)。あと福祉系の学校だったので、保育園や介護施設に実習で行ったんです。現場でやって欲しいこと、やらなきゃいけないこととか、要望を先読みできるようになったのもアイドル活動に活かせているなと思います。

本間 読書です。小中学生のときに本を読む習慣がついて、国語の授業で短歌や詩をやって俵万智さんの『サラダ記念日』がすごく好きになったんです。そこから小説だけじゃなく、歌集や詩集も好きになりました。今こうやって楽曲についてしゃべることとか、誰かに何かを伝えるときに、どういう言葉で表現したらいいかっていうのは読書が活きてるなと思います。

大塚 小学校の頃からずっとスポーツをやっていて、バドミントン、サッカー、ハンドボール、陸上などいろんなスポーツをやっていました。そのおかげでNGT48に入ってからも、10代の頃はたくさん公演をこなしても全然疲れない強靭な身体でした。20代に入ってからは、しっかり疲れるようになってきちゃいましたが(笑)。でも、スポーツをやっておいてよかったなと思います。

小越 習い事でエレクトーンやっていて、たくさん発表会に参加していたんです。当時は人前に出ることが得意ではなかったし、発表会のたびにめちゃめちゃ緊張してました。でも本番に強くなれたのは、その経験があったからだなと思います。それとエレクトーンで曲を音に合わせて強弱をつけたりすることが、歌やダンスの表現力に繋がったのかなと思います。

藤崎 今キャプテンをやらせていただいてるんですけど、中学生のときに茶道部の部長をしていたんです。それまでは人前に立って仕切ったりするのが苦手なタイプでした。でも部長をやってからちょっとだけ苦手が克服できて、それが活かせてるかなって思います。あと私は加入前からずっと48グループが好きで、特にNGT48は先輩方の活躍を見るために劇場に行ったりイベントに参加したりしていたんです。なので、アイドルにこういうことをしてもらうとファンの方は喜んでいただけるかなっていうのが分かるんです。ファン目線を持ってることは、今の活動ですごく役に立っています。もともとファンだった自分がアイドルになれたのは自分の“好き”を極めた結果だと思うんです。なので、好きなことを極めることはすごく大事だなって思いました。

――この夏、グループや個人でやってみたいことを聞かせてください。

中井 NGT48として、フェスにいっぱい参加したいです。これまでもフェスにお邪魔させていただいたことがすごく思い出に残ってるんです。素敵な景色を、後輩やこれから入ってくる3期生にもたくさん見てほしいのでいっぱいイベントに出たいです!

本間 私もフェスですね。NGT48を目的に来ていない人たちも見てくれる場所なので、特別な気持ちになるんですよ。個人的にはTikTokを始めたので、今年の夏はいっぱい撮影を頑張ってドカンとバズりたいです!(笑)。

大塚 新潟は大きな花火大会がたくさんあるんですけど、今年はコロナ禍を乗り越えて数年振りに開催されるので、花火大会に出たいです。花火をバックにパフォーマンスしたり、あわよくばNGT48の花火も打ち上げられたらな〜なんて思います(笑)。

小越 私は高校最後の夏になるので、今年こそお友だちを作ってお祭りに行って高校最後の思い出を作りたいです!あとメンバーとも遊びたいです!(笑)

藤崎 私はアウトドアが大好きで、よくキャンプに行ったり、アウトドア系のお仕事をさせていただいてるんです。新潟はものづくりの街としても世界的に信頼が高く、特に燕市や三条市は金物をはじめアウトドア用品の生産も盛んです。なので今年の夏は、新潟の海や山に行ったり、たくさんキャンプ場もあるので、いろんなスポットで新潟生まれのギアを使ってキャンプしたいです!

Information

1stアルバム『未完成の未来』
2022年6月29日(水)リリース

■通常盤 【CD+DVD】
[Type-A] ¥6,050(税抜¥5,500)
【CD】
01.しそうでしないキス
02.青春時計
03.世界はどこまで青空なのか?
04.春はどこから来るのか?
05.世界の人へ
06.シャーベットピンク
07.Awesome
08.ポンコツな君が好きだ
09.Maxとき315号
10.みどりと森の運動公園
11.はっきり言って欲しい
12.踵を鳴らせ!
13.昨日よりも今日 今日よりも明日
14.どうしようもないこと
【DVD】
・しそうでしないキス Music Video
・2021年10月30日(土)朱鷺メッセ開催された「荻野由佳卒業コンサート ~私をアイドルにしてくれてありがとう~」から全27曲を完全収録

[Type-B] ¥6,050(税抜¥5,500)
【CD】
01.しそうでしないキス
02.青春時計
03.世界はどこまで青空なのか?
04.春はどこから来るのか?
05.世界の人へ
06.シャーベットピンク
07.Awesome
08.ポンコツな君が好きだ
09.Maxとき315号
10.ナニカガイル
11.絶望の後で
12.情熱の電源
13.自然渋滞
14.好きなんて・・・
【DVD】
・しそうでしないキス Music Video
・2021年10月30日(土)朱鷺メッセ開催された「NGT48単独コンサート」から全29曲を完全収録

<通常盤Type-A,B 初回プレス分のみ封入特典>
・NGT48メンバー生写真ランダム1枚封入(23名×2Type 全46種)
※CDショップ別購入者特典生写真有り

■劇場盤 【CD+DVD】
¥3,850(税抜¥3,500)
※NGT48 Official CD Shop限定商品となります
【CD】
01.しそうでしないキス
02.青春時計
03.世界はどこまで青空なのか?
04.春はどこから来るのか?
05.世界の人へ
06.シャーベットピンク
07.Awesome
08.ポンコツな君が好きだ
09.Maxとき315号
10.下の名で呼べたのは…
11.今日は負けでもいい
12.後悔ばっかり
13.私が一番言いたかったこと
14.片想いのままじゃ終われない
【DVD】
・しそうでしないキスMusic Video
・しそうでしないキスMusic Video Making Movie
・メンバー撮影 オフショット映像

ストリーミング

オフィシャルサイト

NGT48

アイドル

作詞家・秋元康氏プロデュースによる、2015年に日本国内に5番目に誕生したAKB48の姉妹グループ。活動拠点となる新潟県のNiiGaTaから、グループ名は「NGT48」と命名される。グループカラーは、新潟県の鳥である朱鷺(とき)の色と雪国であることから、赤と白を基調にしている。2015年8月に、新潟市内の歴史博物館みなとぴあ前広場にてお披露目される。2016年1月には、新潟市の中心地・万代にある商業施設LoveLa2(ラブラ2)に専用劇場がオープンし。劇場公演がスタート。以降、そこで行われる劇場公演をメインに、新潟県内で行われるイベントに出演するなど、地元貢献・地域密着をテーマに活動している。2017年4月に「青春時計」をリリースし、メジャーデビュー。2022年6月現在、3 期生が新しく加入し35名のメンバーが所属している。

Photographer:Akihiro Saga,Interviewer:Keisuke Tsuchiya