5人がオーディションを受けたそれぞれの理由

――それぞれ芸能界を目指したきっかけから教えてください。

9太郎 幼稚園の頃にモーニング娘。さんを知って、モーニング娘。さんになりたいと思っていました。

末吉9太郎(すえよしきゅうたろう)

―― 推しのメンバーはいたんですか?

9太郎 皆さん好きでしたけど、一番は辻希美さん。辻ちゃんになりたいと思って、当時の辻ちゃんは前髪を固めていて、ライブでも前髪をキープしていたんですけど、僕もどこに行くわけでもないのに前髪をガチガチに固めていました(笑)。でも中学1年生のときにモーニング娘。さんのオーディション募集要項を見たら、女性のみと書かれていて、自分はなれないと知りました。それで中学2年生から、いろいろなオーディションを受け始めました。大学3年生の終わりに、ようやくCUBERSのオーディションに受かりました。

――かなり時間がかかりましたね。

9太郎 どこのオーディションでも僕を落とすから見る目がないなと思いました。

TAKA 僕は地元が愛媛なんですけど、愛媛にいた頃は芸能界を遠い存在に感じていて、テレビに出ている人たちは、本当にこの世に存在しているのかと思っていました。でも大学進学のタイミングで上京したら、その辺でテレビのロケをやっていたり、普通に芸能人と遭遇したりして、芸能界が身近に感じられるようになったんです。それで興味が出てきて、オーディションを受けました。

TAKA(たか)

春斗 僕は中学生の頃から歌が好きでした。具体的な未来像を思い描いていたわけではないんですけど、二十歳を過ぎてから今所属している事務所のスクールに通い始めました。そしたら事務所の方から「オーディションがあるので受けてみないか?」と声をかけていただいて、受けてみたら合格して、今があります。

春斗(はると)

優 僕は勉強もスポーツもできないタイプで、それを隠さずに前に出していたら、みんなが笑ってくれたんです。中学・高校と人前で何かするのが面白いなと感じていて、それを活かした仕事をするにはどうすればいいのか考えて出た答えが芸能界でした。それで雑誌を見ていくつかのオーディションに応募して、合格したのがCUBERSでした。

優(ゆう)

綾介 大学進学で地方から東京に出てきて、大学の4年間はダンスに熱中していました。大学のダンスサークルに所属して、ダンススクールにも通っていました。

――所属していたダンスサークルのレベルは高かったんですか?

綾介 そうですね。毎年、「DANCE ALIVE」の「RIZE」に出ていて、2年連続で優勝しています。周りの友達や先輩がダンサーとして活動をしていて、それで自分も芸能を身近に感じていました。大学3年生の終わりに、今の事務所のオーディションの話を、ダンススクールの方からいただいたんです。ちょうど就職活動もしていた時期でしたが、受けてみたら合格。就職かCUBERSで迷いましたが、先輩たちから「誰にでもできることじゃないから、やってみたら」と背中を押してもらってCUBERSに加入しました。

綾介(りょうすけ)